「 ロズリンの部屋 」 をいつもご覧いただきありがとうございます。
 デザインをリフレッシュして、新たなURLとなりました。

 今後とも、おつきあいいただければ嬉しいです!

 新ロズリンの部屋 」 http://roslyn-blog.apagard.com 









 マイクロスコープによる精密な歯科治療を行なっている
 神谷町デンタルクリニックの院長 高島美祐さん
 お迎えしての後編です。

 ◇神谷町デンタルクリニックURL: http://kamiyacho-dc.jp/





口元のお手入れはアンチエンジングに効果あり!
 
ロズリン:先生はマイクロスコープを使った治療の中で、従来の治療と一番違うことは何だと
      思いますか?
 
高 島 :いろいろありますけど、根管治療の再発防止の可能性がぐっとあがっていると
      思います。
      実は日本の根管治療の成績はとてもよくないんです。
      普通に診療していると根の中は見えないし、保険診療だと薬剤ややることが
      限られますからね。

      マイクロスコープで感染源をつきとめ、病巣をきちんと取り除き、正しく治療
      すれば、再発はほとんどしません。
 
ロズリン:根管の治療も、セラミックを被せるところまで一日でできると言われましたが、
      その後、膿んだりしないのですか?





高 島 :今のところほとんどないですね。
      逆に通常の治療で何度も治療しているうちに膿むことはありますよね? 
      私はそのほうがリスクがあると思います。
 

ロズリン:オーストラリアでは、歯科治療はよほどのことがないと保険がきかないので、
      歯を守る意識は高くなります。

      親は子供にお金がかかるから、歯を大事しなさいといつもいっていますね。
 

高 島 :
意識が高まることはあるでしょうね。
      うちはもしもご希望があれば、できるところまで保険診療も適応しますが、根の
      治療については、 「 ラバーダム 」 という治療部分の視野が限定でき、感染を
      防ぐゴムのシートをかけて行うことは、絶対にはずせません。

      これは保険外診療になります。


 
     ラバーダムで治療する歯のみ露出させる

     今後、多くの医師がマイクロスコープを使えるようになったら、保険の適用が
     できるようになるかも知れませんが、その場合もどうしても料金は高くなる。

     保険制度の中であっても、患者さん自身が知識をつけて治療法を選んでいく時代
     になるでしょうね。
 

ロズリン:
いろいろ変わっていくということですね。
      こちらの医院は、通常の歯科治療の他、審美歯科やメンテナンスなどのメニュー
      も充実しているんですね。



高 島 :
歯科の治療とあわせていろいろ行なっていますが、意外なところでいうと、
      噛み合わせが強い方には、ボトックス治療がお勧めです。
 
ロズリン:ボトックスですか?筋肉の緊張を抑制しやわらげる効果があるそうですね。
      どこにうつんです?
 
高 島 :咬筋です。噛み合わせが強くて肩凝りなどがある方はこれで改善しますよ。
      私自身、左の噛み合わせが強いので、左の肩凝りがひどいのですが、これを
      うつとすぐに楽になるのがわかります。
 
      噛み合わせの調整には筋肉の左右のバランスを整えることも大事なので、
      とても有効です。
      一度の注射で5カ月半から6カ月効果があるので、そのスパンで打てば効果が
      続きます。


 
     またヒアルロン酸を法令線のできているところに注入すると、とてもふっくらとして
     10歳は若返ります。

     私は整形より歯科で口元のお手入れをしたほうがアンチエイジングにはよほど
     効果があると思いますね。
 
ロズリン:そうかも知れませんね。興味深いです。
      ちなみに歯のメンテナンスでの、クリーニング方法はどうしていますか。


» もっと読む
















医療用顕微鏡である、マイクロスコープによる精密な歯科治療を行なっている
神谷町デンタルクリニックの院長、高島美祐さん。

マイクロスコープが大好きで毎日のぞいていないとストレスになるほどだそう。
その新しい技術の驚くべき効果とともに、高島さんの歯科医療に関する考えを
伺いました。

◇神谷町デンタルクリニックURL :  http://kamiyacho-dc.jp/



マイクロスコープによる治療の利点とは?
 
ロズリン:高島先生は、マイクロスコープを使った短期集中の精密な歯科治療を
      行なっていますが、とても興味があって本日は伺いました。
 
      こちらの医院は中に入るとアロマの香りがして、とてもリラックスできますね。 
      日本の歯科医院はパーテーション1枚で他人と隣り合わせというところが多い
      ですが、プライバシーの面から私はどうしても慣れなくて。

      こちらは完全個室の診療でいいですね。
 
高 島 :ありがとうございます。私もそれは絶対にだめで、だから個室にしているんです。

      そもそもうちは短期集中型。
      一人の方が滞在する時間が長く、個室診療があっているんです。長いと半日。
      時には一日一人の治療にかかりきりになるということもありますから。
 
ロズリン:なるほど。それなら尚更、個室でゆっくりできるのはいいですね。
      こちらは、いつからですか?
 
高 島 :昨年の3月に開院しました。
      それまでは、実家がある大阪で勤務医をしていたんです。
 

ロズリン:
それがどうして、東京の神谷町で独立されたんですか?




高 島 :私はマイクロスコープの精密性を非常に評価しています。
      これを使って日々診療したいと思いましたが、保険が使えないため、どうしても
      診療の値段が高くなってしまうんです。
      ですから安さよりも、むしろサービスの質に対して評価する文化のある東京を
      選びました。
 
      特にこの神谷町界隈は国際的なビジネスマンが多く、サービスの質には敏感な
      方が多いと思います。
 
ロズリン:それはありますね。
       具体的にマイクロスコープのどういうところを評価されていますか?

高 島 :私はもともと視力がよく、自分は十分患者さんの歯や口の中を診察できている
      と思っていたので、最初はマイクロスコープに興味がなかったんです。

      でも実際にのぞいてみると、今までは何も見えていなかったに等しく、ブラインド
      で治療していたんじゃないかと思うほど、見えるものが違ったんですね。




      何倍にも拡大されミクロの世界で確認できますので、なぜむし歯が悪くなった
      のか、今まで治らなかったのは何故かなど、かなりの確率でその原因まで
      わかるようになった。状況の予知性も高くなりました。
 
ロズリン:そんなに違うものなんですね。

» もっと読む





日本の伝統文化である茶道の

講師として活動中の宗華さん(お茶名)こと
中川貴美さんとお母様を
お迎えしての後編です






総合芸術としてのお茶の魅力をたくさんの人に伝えたい

ロズリン:お茶はどういうところが好きですか?

宗 華 :
とにかく奥が深いんです。作法、歴史、茶器、どこに入っても深い。
      知って行くほどに、奥深いことが解ります。いくら勉強しても足りません。















母   :お茶って、建築から庭から、書も関係してくるし、
      単にお茶をたてるだけではないんです。お懐石も全部自分で作ったり、
      総合芸術だと思います。

ロズリン:書も関係してくるって?
 
宗 華 :お茶事を開くときに、案内状を書くんです。
 
母   :昔はメールや電話がないから、お手紙でお知らせしたんですよね。
      私たちも昔の作法にのっとって、和紙に筆でお手紙を書いてお招きしています。
 
宗 華 :お手紙でお茶事にお誘いして、お返事をいただいて、
      終わったらまたお礼状をいただいて。
 
      手紙のやりとりだけでも、これだけの時間がかかる。
      お茶事を開くとなると、何か月も前から準備をするので大変なんです。
 
母   :お呼ばれする側にしても、お手紙をいただいた時点から何を持って
      いこうかとか、何を着ていこうかとか、ワクワクドキドキ楽しみにして。

 














宗 華 :
どこにいてもすぐに連絡が取れる時代に、
      お茶の世界はすごく贅沢な時間の流れでしょう?
      それも大きな魅力だと思います。
 
ロズリン:本当に贅沢ですね。
      その優雅な時間に憧れて、お茶のお稽古を始めてみたいと思っている人って、
      たくさんいると思います。でもどうやって始めたらいいか迷います。

» もっと読む





日本の伝統文化である茶道の
講師として活動中の宗華さん(お茶名)こと
中川貴美さんとお母様を
お迎えしての前編です





学生時代をアメリカで過ごした国際派で、英語力を生かし、
外国人へのお茶の指導にも積極的に取り組んでいます。
そんな宗華さんと、宗華さんのお母様に、茶道の魅力について伺いました。


日本舞踊もお茶も、海外留学も母の影響が大きい
 
ロズリン:今日はお茶の体験をありがとうございました。
      茶道にふれるのはは久しぶりで、ちょっと緊張しました(笑)。
      すてきなお茶室ですね。マンションの中とは、とても思えません。


 
宗 華 :ありがとうございます。
      3年前にこちらに越してきたときに本格的な茶室を作りました。
      お坊さんにつけていただいたお茶室の名前は、「知音庵」。
      本当に気の合う人たちと集う場所、という意味が込められています。



      お茶の体験をさせていただきました 左下はバルコニー



      宗華さんのご自宅の中のお茶室
 
 
ロズリン:こちらでお茶を教えているの?
 
宗 華 :いいえ。横浜の実家で、母といっしょに教えています。
      こちらでは、いろいろなと  ころから頼まれてお茶を点てたり、
      お茶事をしたりしています。
 
ロズリン:そもそもお母様がお茶の先生なんですよね。
      お母様はどのようにしてお茶の道に入られたのですか?
 
母   :もともとはお茶ではなくて、日本舞踊をかなり熱心でした。
      それで和の世界にはなじみがあったんですが、最初雰囲気がいいなあ、
      やってみたいなあと高校生のころから思い、はじめはお遊びで始めたんです。



      そして、一応はお免状もいただいた。
      でも、お茶の先生になるなんて、思ってもいませんでした。
 
      それが娘が小学生のころ、いまの言葉で言えば“ママ友”に
      「お茶を教えてほしい」と言われたんです。
      ママ友に頼まれて、半ば強引に始めたのが37歳のときでした。
 
      「教えるのなら適当な教え方しちゃいけない」って主人がうるさく言うもんで、
      私もきちんとした先生につくことにして。
      そこから本格的に始めて、あっという間に33年経ってしまいました。
 
ロズリン:宗華さんは、お母様に日本舞踊も教わったの?


 

» もっと読む




ワインの輸入販売会社 「 ヴィレッジセラーズ 」 の代表をしている
 リチャードコーエンさん をお招きしての後編です。


コーエン:実はワインに行きつくまでに、ほかの工業製品の輸入も手がけてみたんです。

      たとえばオーストラリアでは一般的な赤ちゃん用の椅子。
      ばねが入っていて、赤ちゃんが足でとんとん蹴って弾む楽しい玩具で、安全だし
      安いんです。

      近所の人に紹介すると、みんな喜んで買ってくれる。
      これは売れるなと思って流通に乗せようとしたら、これだけの大きさがあるのに
      こんなに安いと商売にならない、と。
      同じ大きさならオルゴールをつけるなどして付加価値をつけて、もっと値段を高く
      設定しないと取り扱えないと、結局うまくいきませんでした。
 
      ほかにもいろいろチャレンジしてみたんですけど、ちょっといい工業製品を持って
      くると、日本は技術が優れているから、あっという間に真似して似たようなものを
      作ってしまう。

      なかなか条件のよいものに巡り合えませんでした。

   

      そこで、ワインを思いついたんです。
      オーストラリアワインならオーストラリアでしか作れない。
      瓶にワインをつめるだけだから、いわゆる付加価値のつけようもない。

      それで、ワインを輸入し始めたら、すぐにうまくいきました。
 
 
 
富山でワインの輸入を開始
 
ロズリン:おもしろいなと思うのは、本社はそのまま富山なんですよね。
      ワインの輸入販売というお仕事としては、地方に本社があるというのは
      めずらしいんじゃないですか。

コーエン:そうですね。
      でも、富山だからこそ成功した部分は大きいと思います。
      まず、富山が本社だというと、みんな不思議がるんです。
 
      さらにうちが酒類輸出入販売免許の名前に、もともと造り酒屋をしていた知人の個人名
      を使っていたこと。
      その家はとっくに酒は造っていないのですが免許はずっと守ってきていて、それを借りて
      ワインを輸入したいと相談したら、どうぞと受け入れてくれたんです。

      そのおかげで、ふつうOO物産とかなのに、めずらしいというのでみんな興味を持って
      くれて、しょっちゅう取材の申し込みがあったんです。
 
      媒体に名前が載ることで、かなり信用がつきました。




               富山のヴィレッジセラーズ本社


» もっと読む




日本に来たのも、ワインの輸入販売もすべて偶然の出会いから
 
元はオーストラリアの鉱山技師。いまは、日本でワインの輸入販売会社
「 ヴィレッジセラーズ 」 の代表をしているリチャードコーエンさん。
40年前に来日し、紆余曲折を経て、ワインの輸入販売業で成功するまで
の軌跡を伺いました。
 

 
きっかけは、図書館でみつけた日本の本
 
ロズリン:リチャードはオーストラリア出身で、日本にきた時期も約40年前と、
      ほぼ私と同じなんですよね。
 
コーエン:そうです。若いころは、まさか日本で暮らすことになるとは
       思ってもいませんでした。
 

ロズリン:なぜ日本にきたんですか。
 
コーエン:大学で鉱山学を学び、オーストラリアの中心部にある鉄鋼の鉱山で
       働いていました。そのときインドネシア語の勉強がしたいと思ったんですね。

       ところがそこは田舎で本屋もなく、いちばん近い町まで1000キロ以上。
       図書館にあった語学の本が唯一、日本語の本だった。
       こんな偶然の出会いが、日本と縁が結ばれた理由なんです ( 笑い )。
 
ロズリン:その本で、日本語を勉強したんですか。
 
コーエン:ええ。語学の本といっても文法書ではなく、日本語が読み書きできる人のための
       本だったんですが、とにかくそれしかないので暇さえあればそれを読んで自習
       しました。

    

       その後、いったん大学に戻り、大学のランゲージサポートというシステムで
       日本語を勉強したら、はまってしまって。
       ぜひ日本に行って勉強したいと思い、内定していた鉱山会社に
       「 1年だけ休ませてもらえないか 」 とお願いしたら、日本との商売が多い会社
       だったので、「 行ってこい 」 とお金を出してくれまして。

       それで日本で語学学校に入りました。


ロズリン:日本のどちらでしたか。
 
コーエン:東京渋谷です。当時は宣教師が多かったですね。
 
ロズリン:日本語の勉強はいかがでしたか。
 
コーエン:1年では満足できるほどのレベルにはならず、会社に相談して結局2年、
       学びました。
       最後の6か月はマンツーマンでの授業で、とてもハードでした。
       その後、オーストラリアに戻り、鉱山会社で8年間働いたんです。


» もっと読む

  







   ドイツ歯科衛生士として活動している
   橋詰 いづみ さん をお招きしての
   後編です。






日本と違うデンタルヘルスの環境の中、予防の大切さを強く感じるように
 

ロズリン:始めてみたら、歯科衛生士の仕事はどういう感触でしたか?
 
橋 詰 :そうですね。一生懸命やっていましたが、私は器用ではありません。(笑)
      自分の強みでカバーしようと考えていました。
 

ロズリン:橋詰さんの強みって何ですか?
 
橋 詰 :患者さんにわかりやすく説明出来ることです。
      難しい単語を使わないことが利点になっているのでしょう。
      なぜその処置や予防法が必要なのか、ということを一般の方にもわかりやすく
      説明するようにしています。
 

ロズリン:日本とドイツのデンタルケアに関する違いはどう感じましたか?




橋 詰 :そうですね。
      一般的に日本は歯の治療だけではなく、長期的将来を予想した予防に見据えて
      仕事をしている先生がいらっしゃいます。ドイツはなかなかそういう先生が少なくて。

      歯科医院も一つの会社。利益を出さないと従業員も雇えない。
      理解はできますが、本来の医療の原点で考えると、今現在も大切ですが、長期的
      将来の予防やアフターケアにも力を入れてほしいと思います。
 

ロズリン:それはそうですね。
 
橋 詰 :ドイツのメンテナンスクリーニングは自費です。
      50分、約1万3千円の費用で、歯を視覚的に美しくしてもらいたい。という気持ちが
      強いのです。

      歯の健康については、プロにクリーニングを任せておけば、後は何とかなるだろう。
      と、他人任せの健康管理感がありますね。
      この様な方は、せっせとクリーニングに通ってきますが、ホームケアが出来ていま
      せん、必ずいつかは治療の予約が入ってきます。

      これからは、歯科医院が利益を得るだけのメンテナンスクリーニングシステムでは
      ダメ。歯科衛生士が患者さんと共に、どう変化しなければいけないのか、その為には
      どう行動すべきなのか、目標を一緒に掲げ、理想は、年2回の検診と短い時間で
      終わるクリーニングのみが続くといいですね。

      患者さんの健康自己管理意識を上げると、医療者の仕事の質も上がるでしょう。
      セルフケアが確実に患者さんの生活の中に浸透していってほしい。
      だから私は、プラーク除去を指導する際、現場で体験をしていただいて自分で
      落とせるようになってから帰っていただいています。
 

» もっと読む

  







   歯科衛生士
   橋詰 いづみ さん をお招きしての
   前編です。






ドイツで歯科衛生士として活動している橋詰いづみさん。
若い頃はなんとバレリーナになるために、ドイツで学んでいた時期もあったとか。
そこから歯科衛生士となり、一男一女を育てながら、活動している橋詰さんの
道程や考え方、ドイツと日本の歯科に対する意識の違いなどをお聞きしました。



バレリーナを目指して、大学を中退しドイツに
 
ロズリン:橋詰さんは、以前、アパガードWEBサイトのブログで、ドイツ在住の歯科衛生士
      ブロガーとして、活躍していただいたんですね。

      そもそも橋詰さんとドイツのご縁は、いつから始まりますか?
 
橋 詰 :子供の頃からです。父の仕事の関係で6歳の時にドイツのミュンヘンに渡りました。
      その時、子供心にここは自分にぴったりな自由な雰囲気の国と思ったのです。
 
      サクランボの木に登って実を食べたり、道路を裸足で歩いたり。
      日本に戻った後も、いずれ自分はドイツに戻りたい。という気持ちが心の中に常に
      ありましたね。
 

ロズリン:そして大学の時に戻ったのですね。
 
橋 詰 :はい。日本の大学に入り4年生の時に、中退してドイツに行きました。
      私は子供の頃からバレエをしており、バレリーナになりたくて。でも当時の日本では
      一般的にバレリーナとして自立するには難しかったので、ヨーロッパに活動場所を
      求めるしかなくて。

  


ロズリン:中退していったとは、すごい情熱ですね。
 
橋 詰 :はい。身体的なことなどいろいろ考えて、行くタイミングが自分ではその時でした。

      ハイデルベルグマンハイム音楽学校のバレエ科に行きました。
      実はいきなりプロとして活動しようかとも思いましたが、一人での外国暮らしに自信
      がなかったので、まず学校に腰を落ち着け、オーディションなどを受けていこうかと
      思っていました。
 

ロズリン:すごいですね。言葉は大丈夫でしたか?
 
橋 詰 :行く前に語学学校に通い、バレエ学校にいながらも通っていました。
      言葉より一人暮し、そしてお金もあまりなくて、何を食べたらいいかわからない。
      どう活動もしていいかわからない。当時は、周囲に日本人もいなく、とても孤独な
      日々でした。
 
ロズリン:私もハイデルベルグに留学していたことがあり、友人と住んでいましたが、本当に
      お金がなくて。
      スーパーにいって、二人でお金をあわせても足りなくて、持っていた切手を出して
      勘弁してもらったこともあります ( 笑 )。


  

» もっと読む








 フリーバイオリニストで、サンギが協賛する
 「 東京シンフォニア 」 のメンバーでもある
  横山 久梨子 さん をお迎えしての後編です。







その時を楽しく生きて、仕事をしていく
 
ロズリン:アメリカから戻って来て、どのように仕事をみつけたんですか?
 
横 山 :何のつてもなかったので、音楽とは関係ないバイトをしながら仕事を探していました。
      たまたま縁があった仕事で出会った人が、またほかの仕事を紹介してくれて、どんど
      ん増えて今にいたります。
 
ロズリン:その時、不安はなかった?
 
横 山 :私、性格的にそういう不安ってあまり感じないんです。
      その時その時を楽しく生きている感じなんですね。
      基本的に他人と自分を比べません。他人と比べて自分はどこの位置にいるかを
      考えないから不安も感じません。

      だからいつでも充実しているのかもしれませんね。




ロズリン:すばらしい!良い生き方ですね。
 
      横山さんは、ホテルで演奏活動をしたりミュ-ジシャンのツア-に同行したり、
      演奏家としての活動も多いですが、ライブツアーで大変なことは?
 

横 山 :
バイオリンが一人の時は絶対に間違えられないというプレッシャー。
      あと、ドラムや電子楽器の入るライブの場合、自分の生音は全く聞こえず、
      イヤーモニターから聞こえる音を頼りにしなくてはいけないので、音程も取り
      にくく、弾きずらいというストレスはありますね。


   
               演歌歌手ジェロのツアー


ロズリン:異なる環境での演奏は大変なんですね。でも楽しそう。
 
横 山 :ええ。一緒に演奏する人たちも素敵ですし、しかも終わった後は御当地の
      おいしいものを食べられるという楽しみも ( 笑 )。



» もっと読む