今回は、ヴァイオリニストとしてご活躍の
 後藤 環 さん にご登場いただきます。

 演奏会や指導のほか、アパガードがスポンサーとなっている、
 弦楽器だけの小編成オーケストラ 「東京シンフォニア」 の
 メンバーでもある 後藤さん に、ご自身の音楽に対する姿勢、
 またアンサンブルの魅力についてお伺いしました。




続けること、それが才能の入り口
 
音楽の道、再び
 
ロズリン:後藤さんは、プロのヴァイオリニストとしての演奏活動のほか、
       ご自身が主宰する教室で生徒さんの指導もされていますね。
  
       音楽の世界に進んだきっかけは? ご家族も音楽の分野の
       ご関係ですか。
 
後藤:祖母も母もピアノを弾けますが、プロではありません。
    私の場合、ヴァイオリンは母の意向で3歳から始めましたが、いったん
    離れて、普通の大学に進学したりで、全く弾いていない時期というのが
    ありました。

    ヴァイオリニストの場合は、小さい頃からヴァイオリンひと筋というケース
    がほとんどなので、その点で私の経歴はやや異色です。



ロズリン:その間は、どんなことをされていましたか。
 
後藤:中学の3年間は弓道部にいて、ヴァイオリンはやめていました。

    久々に楽器を手にしたのは、高校のオーケストラ部に入ってからです。
    そこで、アンサンブルの楽しさを味わい、ヴァイオリンに対する気持ちが、
    大きく変化しました。

    進学校だった事もあり、周りがどんどん 「受験モード」 に入って目の色が
    変わっていく中、天邪鬼だった私は、勉強もしないでヴァイオリンばかり
    弾いていました。
    
    レッスンも再開しましたが、先生にも親にも、今更音大に行きたいなどとは
    言えず、なんとなく普通大学の国文科に進みました。
 
ロズリン:それでもやはり諦められず …


 後藤:はい。やはりもっと音楽の勉強をしたい
     という思いが高まるばかりだったので。

     まずは両親の説得。先生探し。基礎技術
     からやり直し、他にもすべきことがたくさん
     ありましたので、とても大変でした。

     大学2年の間は籍を置くだけで、ほとんど
     一日中、実技の練習に費やすという、まるで
     修行僧のような毎日でしたね。

     こうして普通大学は2年で中退、音大で学び
     直すことになりました。

ロズリン:音大では、どういった勉強を?
 
後藤:やはり専攻の実技が第一ですが、他にピアノ、声楽、ソルフェージュ、指揮法、
    和声学、楽器学、音楽史などなど。
    作曲は課題だからやりましたが、これは才能ないです(笑)。ピアノも苦手です。


  
 “弓”も立派な立役者!
 
 ロズリン:ヴァイオリンを弾くために、特に注意していることは
       ありますか。

 後藤:とにかくケガや病気をしないことです。
     腱鞘炎はもちろん、風邪を引いても仕事ができません
     から、みんな健康管理にはとても気を遣っています。


ロズリン:見ていると、肩が凝ったりしそうですが…特別なケアなどを?
 
後藤:練習があまりにも長時間に及ぶと、左手と両腕に疲労が蓄積してきます。
    肩も凝るので、ひどい時は頭痛に悩まされます。
    長時間座ったままのリハーサルでは、腰にもきます。

    そういう不調は、マッサージや針で治療する人が多いですが、私は運動する
    事で解消するようにしています。

    それから、楽器を当てる左あご下に出来るあざ、こればかりはヴァイオリニスト
    の宿命ですね。



ロズリン:下世話な話題で恐縮なのですが、ヴァイオリンなどの楽器は、
                  お値段もかなり張るものと聞きます。
 
後藤:今使っているものは、音大の卒業後に買い替えたものですが、確かに楽器
    というのは安くはない買い物です。
    上等なものになると、家屋敷が買えるくらいの価格になりますから。
 
ロズリン:世界的な名器と言われるものがそうですね。
 
後藤:以前、有名なストラディバリウスを弾かせてもらう機会があったんですが、
    万が一落としたら、と思うと怖くてまともに弾けませんでした。

 後藤さんご愛用のヴァイオリン 

ロズリン:弓だけでも値打ちがあるのでしょうか。
 
後藤:おおよそですが、弓は本体の3分の1程度の価格帯のものでやっと釣り
    合いがとれるとされています。

    私の場合、弓だけが保険に入っています。本体ももちろん大切ですが、
    壊れやすさの点では弓のほうがより心配なので。
 
ロズリン: …私たちの知らない世界、価値観のお話でした。
 
 
雪の日の3人
 
ロズリン:東京シンフォニアとの出会いについて伺えますか。
 
後藤:4年ほど前、オペラ 「カルメン」 の仕事のとき、指揮者のロバート・ライカー
    さんに初めて会ったのが一番最初のきっかけでした。

    弦の分奏リハーサルの日が大雪で、やっと集まったのがわずか3名。
    そこでライカーさんが 「弦楽器だけのオーケストラでコンサートをやりたい」 
    というアイデアを披露したことが、東京シンフォニアの誕生につながりました。

    私を含めたこのときの3人が、そのまま創設時のメンバーになりました。



ロズリン:それが、有楽町の記者クラブで恒例となったディナーコンサートですね。

後藤:そうです。まず人集めから私が担当することになり、友人の友人など、
    ともかく紹介でいろんな人に当たってみて、最終的に14名を集めて発足に
    こぎつけました。
 
ロズリン:現在のメンバーは何人ですか。
 
後藤:総勢で19名ですが、演奏会によって増減があります。
    メンバーのほとんどはフリーの奏者、もしくは教室を持つなど忙しい人たち
    なので、その都度それぞれのスケジュールを調整しながら、インスペクター
    がまとめています。

    ライカーさんの 「絶対にシリーズ化するぞ!」 という意気込みのおかげで、
    ここまで成長できたという感じです。
 
ロズリン:東京シンフォニアの、“メンバー全員の一人ひとりがソリストである” 
      というメインコンセプトは素晴らしいと思います。



後藤:厳密に言うと、本当のソリストと私達とは違うと思います。
    メンバーの中には、知名度の高いコンクールでの入賞経験のある人も
    居ますが、基本的な活動の場は、オーケストラであったり室内楽であったり
    ですので。

    もちろん、東京シンフォニアでは一人に1パートが与えられるのでやりがい
    があるし、面白い。
    それ即ち、個人に責任があるということでもあるのですが、そこが小編成なら
    ではの醍醐味ですね。

    選曲がユニークだし、雰囲気も温かくて、何より 「みんなでがんばって良い
    ものにしよう」 という気概が心強いです。

ロズリン:ライカーさんは、身体全体で表現する人ですが、普段の会話は英語で?

後藤:英語だったり日本語だったりですが、不思議と何とかなっています。
    ジェスチャーも交えつつ、音を直すなら一つずつ出してみて確認し合うとか。

    みんな音楽でつながっているから、そこは自然と通じ合えているような気が
    します。

     











インタビューは後編へと続きます。
お楽しみに!