ヴァイオリニスト としてご活躍の 後藤 環さん
 をお迎えしての、後編です!


 後藤さんは演奏会や指導のほか、弦楽器だけの小編成オーケストラ
 「東京シンフォニア」 のメンバーでもあります!


白いタクトは魔法の杖?
 
ロズリン:後藤さんは、プロのヴァイオリニストとしてキャリアを重ね
      られていますが、ベテランの演奏家の方たちでも、コンサート
      の本番になるとやはり緊張するものですか。
 
後藤:するときと、しないときがある … と言うより、逆に全く緊張しない
    のは良くないとも思います。
    いわゆる “ あがる ” ことと、緊張することは全然違いますから。

ロズリン:役者が舞台でセリフを忘れるという失敗はよく聞きます。
      オーケストラでも、似た類のアクシデントは?



後藤:たまにありますよ。
    お客様には分からないようにしているだけで ( 笑 )。
 
ロズリン:いつも思うんですが、指揮者が一生懸命タクトを振っている
      のに、楽団の人たちは誰も彼のほうを見ていないように見え
      ますが … ?
 
後藤:それは、見てます。  ちゃんと。
    見ていないようでも視界には入っていますし、気配で、心の目で、
    指揮棒は必ず見ていますから大丈夫です。

    演奏全体の呼吸からもそれは分かります。

    アンサンブルは、各自が他の楽器のパートの音も全て聴きながら
    演奏することで、全体を創り上げているんですよ。

    加えて、セクショントップの役割がとても重要だったりします。



ロズリン:特に好きなヴァイオリニストや他のアーティストを挙げる
      としたら?
 
後藤:一人のヴァイオリニストに絞るのは難しいです。
    好きなアーティストは、坂本龍一さん。高校時代からずっと尊敬
    しています。
 
ロズリン:クラシック以外に好きな音楽は。
 
後藤:やっぱり好きなのはクラシックですね … 
    ただ、ひどく疲れている時は、波や木の葉のせせらぎなどの音を
    使った、いわゆるヒーリング系のを聴きたいと思います。

    好きな曲、というのも同じように一つには絞れないんですが、強いて
    挙げるならラヴェルの 「 クープランの墓 」 。

    自分のお葬式にかけてほしい曲、とでも言ったらいいでしょうか。
 
ロズリン:えっ? 結婚式にぜひというのがあったら分かりますが。
 
後藤:それはずっと前に済んでいます ( 笑 )。




  夢中になれることの幸せ
 
  ロズリン:ご自宅ではヴァイオリンの教室を主宰
        されているそうですね。



後藤:最初は口コミでしたが、現在はHP(http://tamakivn.web.fc2.com/
    でも案内しています。

    今の生徒さんは子どもからお年寄りまで、いろいろな方が
    いらしています。

    教えることは楽しいですよ。自分で弾くことと、教えることの両方ある
    からいいんですよね。
    楽譜と格闘するばかりでは煮詰まってしまうし。
 
ロズリン:ヴァイオリンは、大人が全くの初心者として始めても大丈夫
      なものでしょうか。

  後藤:大丈夫です! 大人になってからでも、
      上手くなる人はたくさんいますよ。
 
  ロズリン:発表会なども?
 
  後藤:もちろん、やっています。
      企画から全部私が主催するので、年に1回
      が限度ですが …  そろそろ、そちらの運営は
      他の人たちに任せたいと考えています。
 

ロズリン:
他に、趣味としてスポーツなどは? 私はゴルフが好きですが。

後藤:私もゴルフはやります。 始めて3年くらいになるのにちっとも上手く
    ならないので、ちゃんと習いに行かないとダメだなあ、と思っています。
 
ロズリン:私がこのお正月にオーストラリアに帰ったときのゴルフは、
      12日間連続で回ったりと苛酷でしたが、背中が伸びて全身が
      鍛えられたと実感しました。
 
      やはり身体を使って覚えることは大切ですね。
      見るだけ、考えているだけでは上達しませんもの。



後藤:楽器演奏も運動を伴った表現ですから、同じことが言えると
    思います。

    私もかつてヴァイオリンの練習を再開したとき、ブランクによる
    技術的なギャップに苦しみましたから、それはよく分かります。
 
ロズリン:オフの日の過ごし方として、他には?
 
後藤:2年ほど前、子どもの頃に習っていたクラシックバレエをまた始め
    ました。
    フィットネスクラブのバレエ教室がきっかけで、そのうち物足りなく
    なってバレエスタジオに通うようになりました。

    今のところレッスンは週に1~2回ですが、時間があれば毎日でも
    通いたい! 
    こちらにハマりすぎて、自分はバレエのレッスンをするために働い
    てるのか、とさえ思うときがあるくらいです。


 左は、発表会衣装でポーズ
 をとる後藤さん


   
 

  
    ロズリン:発表会のときのお写真も、素敵ですね。
 
    後藤:私の通うスタジオでも、始めたのは遅い
        けれど、長いこと続けてかなり上達された
        ご年配の女性がいらっしゃいます。
 
        だから、やる気さえあれば、きっと何事も
        遅すぎるということはないんですよ。



続けることの大切さ、難しさ
 
ロズリン:将来のビジョンについて、今のお考えをお聞かせください。
 
後藤:今あることを、一つ一つ大切にしていきたい。
    その先のことは分からないけれど、後悔のないように生きて
    いきたいと思います。
 
    温かい人々が集まる東京シンフォニアは好きです。

    そしてヴァイオリンは、おばあちゃんになっても続けていたい。
    死ぬまで弾いていたいですね。



ロズリン:最後に、読者の方々へメッセージを。
 
後藤:何事にも才能、と言われますが、私は “ 練習すること ”が才能
    なのだと思っています。

    途中で諦めず、やめないで、ひたすら続けること。
    出来る・出来ないではなく、やる気さえあれば思いは叶うと信じたい。

    やりたいことを見つけ、見つけたら突き進む。全てはこれに尽きる
    のではないでしょうか。



<インタビューの感想>

後藤さんとは、アパガードが協賛している東京シンフォニアがご縁で
今回のインタビューをお受けいただきました。
以前に主宰で指揮者である ロバート・ライカー にも登場いただきました
ので、そちらをご覧になった方もいらっしゃると思います。
 
ロバートもそうでしたが、後藤さんも一度は音楽とは別の道を歩まれて
いました。 別の道を経験したからこそ、後藤さんもまた音楽への強い
思いを、ご自身で確認できたのでしょうね。
 
一番難しいのが、何か一つのことを 「 続けること 」 ではないかと私は
思います。
 
やはりプロとなって活躍する方は、たとえ困難であっても最後まで
諦めずがんばる、そしてその苦労を苦労と考えず、チャレンジとして
迎えていらっしゃる方が多いと感じました!




○後藤さんが主宰するヴァイオリン教室
 
○後藤さんが所属する東京シンフォニア
 http://www.tokyosinfonia.com/