今回はフリーの歯科衛生士としてご活躍の高井悦子さんをお招きして、
青山にあるレストランCasita で、お食事を楽しみながらお話を伺いました。 

インタビュー前編です。


学び続けて一生の仕事に

フリーランスならではのフットワークを活かす
 
ロズリン:高井さんは、現在フリーの歯科衛生士として、
複数の歯科診療所での勤務や企業検診などでご活躍
されています。
どんなご経緯でフリーランスという就業スタイルを選ばれ
たのですか。


高井:フリーで活動する歯科衛生士というと、まだ多くはないと思いますが、
最近は増えています。私は最初から“フリーになろう”と思ったわけではなく、
いつのまにか気がついたら「このスタイルはもしかして、フリーランスなの?」
という感じでしょうか。

今は、都内など数ヶ所の歯科診療所のほか、保健センターや行政内、企業
内で行なう検診及び指導を担当しています。診療所の仕事は基本的にパート
タイムですが、これ以外に単発の仕事や、専門誌のための原稿執筆や編集
サポートもありますし、同業者からの相談を受けたりと、いろいろですね。



ロズリン:
“相談”と言いますと?

高井:実は、運営上のコンサルティングもしているんです。院長先生と経営上
の問題を話し合ったり、クリーニングメニューの提案などもします。複数の職場
それぞれの良いところをいかして、それらをヒントにしながら改善に役立ててい
ます。

将来的には、クリニックの立ち上げや運営等をバックアップするといった、コン
サルタントの仕事をメインにしたいと考えているんです。
先生からも「ご意見番がいてくれると助かる」と言われますし、実際に歯科衛生
士でコンサルタントとして起業されたかたもいらっしゃるんですよ。

ロズリン:まさにこれから脚光を浴びそうな職業ですね。専門誌の編集のほう
では、どんなことを?

  
  高井:
歯科衛生士向けの専門雑誌ですが、企画
  テーマに関する編集部からの質問に答えたり、
  編集サポートや依頼を受けて原稿執筆などをして
  います。

  歯科衛生士が数人集まっての座談会は、自分に
  とっての情報交換の場になるだけでなく、新しい発
  見や気づきを見つける勉強の場にもなっています。
  少しでも読者の悩みに対して
ヒントになればと思い、
  意見を出し合い関わらせていただいて
ます。
 
クリニックにも患者さん目線のサービスを
 
ロズリン:今お勤めの診療所内で、工夫されているところは。

高井:朝一番の予約の患者さんを一階の入り口でお待ちして、おしぼりをお出
しするとか。 特に寒い季節の温かいおしぼりは、すごく喜ばれます。
他に、ウォーターサーバーを設置したり、鎮静効果のある香りのアロマを焚いた
り…ささやかですが、患者さん本位のサービスを心がけています。

ロズリン:歯科治療の現場で、“サービス”という視点は新鮮ですね。
そんな素敵な歯医者さんなら、ぜひ行ってみたいです。

高井:他の診療所では、治療の合間にフットバスやネイルケアのサービスをする
ところも出てきていますよ。歯肉マッサージは、眠ってしまうくらい心地良いので、
患者さんに好評です。
歯科衛生士でネイリストの資格を取った人もいらっしゃるくらいなので、将来は本格
的にタッグを組むといいかも知れないと考えています。

ロズリン:面白いアイデアですね。皮膚科医とエステティックが連携した美容サロン
のように、歯科医院がほかのビューティケアやリラクゼーションとコラボレートできれば、
身だしなみの要素として身近に受け入れられるようになりますね。

高井:そういう目的で利用されるかたの間では、予防歯科は“歯を清潔に美しくリフ
レッシュする場所”というイメージができつつあるのだと思います。

残念ながら現在のところ、海外のように歯科衛生士のみでクリーニングやホワイトニ
ングなどの専門サロンを開業することは法的にかないませんが、ニーズは必ずある
はずなので、歯科医の先生とも連携して流れを変えていく努力が必要です。

ロズリン:ところで高井さんも、ご職業柄か、とてもきれいな歯ですね。

高井:実は、矯正をしました。私の場合はあごの骨格がズレていて、学生時代は外科
矯正が必要だといわれ、いったんは諦めました。
そのせいで、昔は歯を見せて笑うことに抵抗があり、特に正面からの写真は嫌いでした。

その後知り合いの先生から、今の先生を紹介され手術でなくブラケットの装着という方法
を1年5ヶ月ほど続け、ここまで整いました。
ですから、歯並びを良く、歯をきれいにするということは、見た目だけの問題ではなく、清掃
性の問題や心への影響が決して小さくないと実感しています。

 

大変魅力的な高井さんのお話は
次回、後編に続きます!お楽しみに♪