今回の輝く笑顔インタビューは、

  メイクアップアーティストメイク講師 
  朝 美さん をお招きしました。



昨年10月に開催した escala と 弊社 の コラボイベント
好感度アップのメイク講座  ~ 冬のトレンドメイクテクニック ~ 」
に講師として参加してくださった朝美さん。
 
やわらかい雰囲気とポイントを絞った分かりやすい話し方に
彼女の人柄と魅力があふれていました。

個人向けメイクレッスンや企業・団体等へのメイク講師、ウェブコンテンツの
提供など多彩なご活躍をされています。
 
 
結婚を機にメイクの世界へ

ロズリン:朝美さんのメイクはナチュラルな感じですね。
 
朝 美:よくびっくりされるんです。 「 ふつうですね 」  って ( 笑 )

     私は  “ 好印象メイク  ”  と呼んでいるんですけれど、その人自身の
     美しさを感じさせる肌をキレイに見せるメイクをお伝えしています。
 
     肌の印象はとても大きくて、特に男性は肌の美しさというものをよく
     見ているんです。
     肌をキレイに見せられるかどうか、土台づくりが大切なんですよ。
 

ロズリン:
メイクのお仕事をする前は会社員の経験もあるんですよね。



朝 美:はい。 秘書や人事労務の仕事をしていました。
     当時は毎日9時、10時に帰宅したり土日に出社することもあって、
     唯一のストレス発散がコスメのカウンターに行くことだったんです。

     美容部員さんとの世間話も含めて、お化粧品の心地よい香りとか
     美しいパッケージとか五感を通して癒されてました。
 

 
ロズリン:その頃からメイクに興味があった?
 
朝 美:それがお恥ずかしいんですけど、ほぼスッピンでした  ( 笑 )

     自分にぜんぜん余裕がなかったので、メイクをすることよりも
     朝ギリギリまで寝ていて、ボ~っとした目でやっと出社するという
     状態でした。

     鏡もほとんど見なくて、お化粧するためや自分を確認するために
     見るという習慣がなかったんです。



ロズリン:それは意外ですね。
      では、メイクに携わろうと思ったきっかけは?
 
朝 美:結婚退職を機に、自分の第二の人生といいますか、何か新しいこと
     を始めてみたいと思ったんです。

     その頃、私はコスメに一番お金をかけていて、あれだけお金をかけた
     なら活かすことができるんじゃないかと思い、退社した翌日からメイク
     学校に通うことにしました。
 
ロズリン:メイクの学校ではどんな勉強をするんですか?
 
朝 美:基礎の段階では、同じモデルさんで5パターンのメイクをしたり、
     半顔ずつ違ったメイクをしたり、例えば半分は甘いメイク、半分は
     シャープなメイクをすることでその人の許容範囲を見ることを学び
     ました。



    学校ではいろんなテクニックを学べたのはもちろん、自分は何が得意
    なのかということを発見できたのが大きな収穫でした。

ロズリン:方向性が定まった?
 
朝 美:そうですね。 最初はショーやファッション系、タレントさんなどのメイク
     に携わりたいと思っていたんですが、自分の向き不向きを考えたときに、
     私はメイクの初心者さんやメイクで悩んでいる方のフォローをする方が
     向いていると気づいたんです。

     メイクが苦手で不器用でっていう人も変われるんだっていうことを自分
     の経験をふまえながら伝えたい。

     ムリに背伸びするのではなく、自分の得意とするところを伸ばしていこうと。



ロズリン:なるほど、それは大きな収穫でしたね。
      学校にはどのくらい通ったんですか?
 
朝 美:2年ほど通いました。 ただ、在学中にコーセー化粧品の販売・美容部員
     として銀座三越店に勤務してたので実質は1年ちょっとくらいです。
 
ロズリン:それは学校とはまた違った良い経験になったんでしょうね。
 
朝 美:直接いろんな方と関われたのでとても勉強になりました。

     そのときの経験を通して、ブランドやメーカーにとらわれることなく、一人
     ひとりに合うフルメイクを提案したいという思いが強くなり、独立することを
     決めました。
 
 

流れに乗って起業することに

ロズリン:起業というと、一歩踏み出せないと感じている方が多いと思うんですが?

 
 朝 美:私の場合は状況に恵まれていたんです。
      
     最初は自宅でメイクサロンのような感じで
     やっていくつもりで、
     そのうち夫のアドバイスでメイクのノウハウ
     をまとめた通信講座をインターネットで
     やってみようと思い、それにはいろいろと
     手続きをしなければいけなくて、
     ならば起業してしまおうと ( 笑 )

     必要に応じて、流れに乗って、ムリなく
     進めていくことができたんです。
      夫が応援してくれたのも予想外に嬉しい
     ことでしたね。


ロズリン:ホームページやブログ、メールマガジンとウェブでの情報発信に力を
      入れてますよね。
 
      ご自分でつくってるんですか?
 
朝 美:ウェブ関係は夫に担当してもらってます。

     夫はもともと電気系の学校を出ていて趣味で友人のウェブをつくる程度
     だったんですが、私のホームページをつくったのがきっかけで、本格的に
     仕事としてやることを決め、今は一緒に運営していくビジネスパートナー
     でもあるんです。


ロズリン:それはステキですね。
      お客様はウェブを見て来られる方が多いんですか?
 
朝 美:ええ。 ホームページやブログ、メルマガを見てから来てくださる方が
     ほとんどです。

     個人向けのメイク講座というのはまだまだ一般的ではないので、どんな
     内容なのか雰囲気がつかめて安心されるんだと思います。

     近くの方だけでなく神奈川、千葉、群馬、栃木からや、海外から一時帰国
     されて日本のメイクを習いたいと来てくださった方もいます。
 

○プレシャスグロースURL:http://www.precious-growth.com/
○朝美さんブログ  URL:http://ameblo.jp/hiyokko-make/
 


自分に自信が持てるメイクレッスン

ロズリン:お客様はどういった方が多いんでしょう?
 
朝 美:30代の女性の方が多いですけれど、 「 叔母に言われてメイクレッスン
     を受けに来ました 」 っていう16才の女の子から60代の方まで、結構
     幅広い年代の方がいらっしゃるんですよ。

     受けに来られる動機は、私自身がそうだったんですが、自信がない自分や、
     コンプレックスを変えたいというのが多いですね。

     メイクを通してマイナスの気持ちをゼロクリアにしてあげたい、ゼロからイチや
     ニにしてあげることができたらうれしく思います。




ロズリン:メイクレッスンはどんな風に進めていくんですか?
 
朝 美:お肌の状態からメイクに対する思い、キレイや可愛いと感じる基準は
     一人ひとり違いますので、その人のバックグラウンドや価値観などを
     お聞きすることから始めます。

     お肌が敏感でミネラルファンデーションだけを使われる方とか、お化粧
     できないので眉だけとか目元だけマスカラをつけてる方、様々な方が
     いらっしゃるので最初のヒアリングは大切ですね。

     その後、実際のレッスンに入ります。
 

ロズリン:
レッスンは個人レッスンで?それともグループで?
 
朝 美:以前は複数でもやっていたんですが、今はマンツーマンにこだわって
     やっています。



    というのも、家族であれ、お友達どうしであれ、どちらかが気をつかって
    いるようなフシが感じられて、本当に聞きたいことを聞けていないんじゃ
    ないかと思ったからなんです。
 

ロズリン:
メイクのことを知れば知るほど、沢山の化粧品が氾濫していて
      えらぶのに困ってしまうことってありますよね。

      えらんでほしいって言われることはありませんか?
 
朝 美:そういったご要望もあって、レッスンが終わった後にお客様と一緒に
     買いに行くこともあります。

     そのようなお手伝いもさせていただいています。

 
                            いただいたハーブティー♪


インタビューは後編へと続きます。
お楽しみに!