株式会社Marie.Japan 
   代表取締役CEO

   家村 麻里絵さん をお迎えしました。



今回お話をお伺いした家村麻里絵さんは、現役で活躍するモデルでありながら、
「 おから 」 に関する研究もしていて、おからに特化した飲食店まで経営している
という、とてもユニークな経歴をお持ちです。
 
「 母が作ってくれた料理がきっかけで、おからに目覚めた!! 」 という家村さん。
全豆連 ( 全国豆腐油揚商工組合連合会・全国豆腐油揚協同組合連合会・
財団法人豆腐会館 ) が認定する 「 2012年豆腐フェア 関西おから大使 」 
でもあるのです。
 
経営している大阪のハンバーガーショップで、サンギのおから茶を使って
いただいている経緯から、今回のご取材になりました。
 
家村マリエオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/iemura-marie/



子どもの頃から料理が大好きで・・・
 
ロズリン:いつも弊社の 「 おから茶 」 をご購入いただいていると聞いていますが、、、
      ありがとうございます!
 
家 村 :いいえ。 
      「 おから茶 」 は、うちのおからバーガーのお店でお取扱いさせて
      いただいてます。 おいしいとの評判ですよ。



ロズリン:
家村さんは、どうしておからが好きになったのですか?

家 村 :うちの母はおから料理が好きで、小さな頃から私も、母が作ってくれる
      卯の花 ( おからの炒め煮 ) とか、ハンバーグとかコロッケなどが、
      大好きでした。

      そして21歳の時、モデルとしての体型維持に悩み、無理なダイエットで
      体調を壊したとき、母の手料理をきっかけとして、本格的におからに
      のめりこんでいったのです。



ロズリン:なるほど。それでおからに。
 
家 村 :私は、おからで作れないものはないんじゃないかと思っているんです。

      おからは栄養が豊富だし、低カロリーだし、食物繊維も豊富に含まれていて、
      とても貴重な食材だと思っています。



おからダイエットで8キロもの減量を
 
ロズリン:確か、モデルをしていると低カロリーの方がいいですよね。
 
家 村 :はい。そうなんです。
      私は3ヶ月で8kgのダイエットができました。

      おからをたくさん食べていると、肌がきれいになり、便秘対策にもなって、
      色々な意味でよかったんだと思います。
 

ロズリン:
モデルにはいつからどういう経緯でなったのでしょう?

  


家 村 :出身が石川県なんですが、20歳のときに大阪に出て、一人暮らし
      を始めました。

      知り合った美容院で看板のモデルを頼まれて、店頭に看板が貼られていた
      のですが、その看板をたまたま 「 小悪魔 ageha 」 の編集の人が見て、
      声をかけてくれた
のがモデルになったきっかけです。
 

ロズリン:
もともとモデルになろうと、決めていたのですか?
 
家 村 :いえいえ。そんなのは全然。
  
      「 えー本当ですか? 」 という感じでしたが、読者モデルになって、色々な
      モデルの仕事をするようになりました。
 
ロズリン:じゃあ、大阪に出たのは、モデルになるためではなかったのですね。
 
家 村 :大阪には、何も考えずに出たんです。
      「 まぁ、行ったら何とかなるでしょう 」 という感じで。

      最初は6畳ひと間の小さなアパートを借りました。
      大阪ではとにかく色々な人と話をして、 「 私、石川県から出てきてん 」
      と話しかけて、どんどん知り合いを増やすようにしました。


       モデルとしてポーズをとる家村さん


ロズリン:すごい行動力ですね。大阪にした理由はありますか?
 
家 村 :特別はなかったですが、とにかく石川県から離れたかったんです。

      自分で何かをするときに、誰も知らない土地で一からスタートして
      みたかったんです。石川県には思い出が多すぎて、どこに行っても
      なつかしい。そういう場所でないところに出てみたかったんです。
 
 
24歳の年女の年に起業を
 
ロズリン:大阪に出たのが20歳で、今家村さんは25歳。
      5年間で色々と活躍の場を広げていますね。
      おからバーガーのお店までオープンしましたね。


     家村さんが提供する 「 おからハンバーガー 」
     しっとりした食感を出したり、冷めてもおいしく食べられるようにと
     さまざまな工夫を凝らしたそう


家 村 :おからバーガーショップは大阪市のアメリカ村にあったのですが、今、
      大阪の東心斎橋に新しくおからレストランを準備中で、今年3月に移転
      オープンする予定です。
 
ロズリン:レストランとはすごいですね。

      おからのレストランを出したいと思うようになったのは、いつぐらいから
      なのでしょう?
 
家 村 :22歳の頃からです。
      私は寅年なのですが、24の年女の年に、まずはお店をOPENしたいと
      考えており、その先にできるだけ早期の
法人化を見据えていました。
 


ロズリン:
子どもの頃から行動的だったでしょう。
       高校生の頃は、どんな感じだったのですか?

家 村 :実は私、高校はどうもなじめなくて、中退したんです。
      勉強の内容が納得できなくて、何でこんなことをやらなくちゃとばかり
      思っていたんです。

      でもその頃は、とにかく将来が不安で、何をしたいのかもわからなくて。

      普通では終わりたくないと思ったりはしましたが、どうしたらいいかが、
      わからなかったんです。
      何となく夜の仕事を始めましたが、特別目標があったのではなかったです。




 ロズリン:何か、変わったきっかけ、機転というのはありましたか?
 
家 村 :18歳の友達の高校卒業の時期ですね。

      それまではみんなで何となく楽しく遊んでいたのですが、何もなかったのは
      自分だけだった。 高校を卒業すると友達には次の進路があったのに、
      私には次がなかったんです。

      すごくショックで、それと同時に 「 これじゃあ、あかん 」 と反省もしました。
      友達に負けたくない!という思いも大きかったです。
 

<家村麻里絵さん略歴>
 
1986年 石川県金沢市生まれ
2006年 思い立って大阪に引越しをする
2008年 「 小悪魔ageha 」 の読者モデルとなり、モデルの仕事をスタート
2010年 大阪市アメリカ村におからハンバーガーショップ 「 House Village 」 をオープン。
       思いを実現するために株式会社「Marie.Japan」を設立
2011年
  10月 「 2012年豆腐フェア 関西おから大使 」 ( 全豆連認定 ) になる
2012年
   3月 大阪東心斎橋におからレストラン 「 House Village 」 を移転オープン予定
 
 

 
インタビューは後編へと続きます。お楽しみに!