春日部にあるフレンチレストラン
  「Bien(-びあん-)」のオーナーシェフ、
 武井さんをお迎えしての後編です。

 


 

料理人ではなく、アーティストとして人生を表現したい

ロズリン:
しばらくレストランを離れて、2年前に、再オープンですね。
決心は大変じゃなかったですか?

武井:
不安がなかったといったら嘘になります。
この店はカウンターごしなので、逃げ場がないですし。
それでも、やりたかったです。

1度目のお店で経営に波があったので、今回はお客さんが安定的にくるように
1つ全国レベルの料理の賞をとろうと思って、
実は日経レストランメニュー・グランプリというコンクールで、金賞をとりました。



ロズリン:
それはすごい!どういったメニューで受賞したのですか?

武井:人気メニューでもある、「豚肉のマルシェール風たっぷりの野菜と
あさり添え サフランの香り」という、豚肉とたっぷりの野菜やあさりを
白ワインで煮込み、サフランで香りを付けたものです。
うちは不定期でメニューが変わりますが、本日はぜひ召し上がってみてください。

ロズリン:楽しみです!
再度フレンチのお店を開いて前と変わったところはありますか?

武井:いろいろあります。椅子は前の店から使っているビンテージの
ものですが、テーブルは今回運命的な出会があって手に入れました。
70年以上前のもので、木の色と品質が良く、とても重厚で雰囲気があります。



ロズリン:
とても上質なインテリアですね。

武井:
これを決めたときに、「このテーブルに見合うお店にしよう」と
決意しました。今回のお店では、そういった偶然の出会や奇跡的なことが
たくさん起こりました。

自分自身が前回と違うと思うのは、確実に心の目が開かれていることです。
以前は見えなかったことが見える。
これは経験によるものだと思いますが、大きいです。
自分の心の問題ですが、見えるということは歩けることで、
目的の場所を目指すことができる。

ロズリン:
長く苦労したことが、いまに繋がっていますね。



武井:
恩師の言葉で僕が宝物のように大事にしているのは
「すべからく感謝する」ということです。
人生、よいことも悪いことも受け入れて感謝する。
今は自分の力で確実に歩んでいる自分がいることを感じます。

ロズリン:
今のお店で、特に大事にしていることは?



武井:僕にとっては、今の店は人生の集大成。
今は自分のことを料理人ではなく、表現するアーティストだと思っています。
料理に自分をぶつけ、極力妥協しないようにしています。

またある意味、料理だけじゃなくて、インテリアもメニューも店に流れる
音楽もお客様がおいしいといってくださるのも、笑顔になることも
自分の作品だと思っています。



料理や音楽、空間、時間など、レストランとは五感をフルに使う場所ですから、
表現もやりがいがありますね。

ロズリン:今の時代、心身の具合が悪くなる方も多いと思うので、
武井さんの今のご活動は励みになるでしょう。

お休みの日はどんなことをしていますか?

武井:休みは食べものの見本市や展示会に出かけたり、PTAや町内会の
仕事などで、忙しくてしています。

ロズリン:それは大変ですね。でも楽しそう。
今後の目標は?

武井:石の上にも3年ではないですが、あきないで続けることが大事だと
思っています。また料理関係のコンクールに参加して、
今度こそグランプリをとって、全国からお客さんを呼びたいですね。

ロズリン:すばらしい。では最後に読者に店の紹介メッセージを。

武井:フランスの郷土料理を中心にしたメニューと心暖まる空間で、
ぜひ楽しい時間を過ごしていただけたらと思います。
ロズリンさんもこの後ゆっくりお食事を楽しんでいってくださいね。

ロズリン:うれしいです! ありがとうございます。




<インタビュー感想>

今回は、いつも利用させていただいているお店の成り立ちからオーナーシェフの武井さんの想いまできかせていただきました。

「びあん」のお料理はどこかほっとする、温かい味です。インテリアも同じ雰囲気を持っています。その理由が分かりました。全ては武井さんの感性と想いから作られるものだったのですね。お話しを伺っていて、とても納得できました。

武井さんは料理以外にも趣味が多く、写真も撮られているそうです。また、びあんに飾られているアートは武井さんが国内外で集めてきたものだそうです。1点1点の出会いに思い出があり、お話しがつきません。

沢山苦労もされ、経験をして、こだわり抜いて作り上げた「人生の集大成」という言葉がとてもふさわしいお店になっています。(皆さんもびあんに行った際は、ぜひそのこだわりを聞いてみると楽しいと思いますよ!)

インタビューでお話しいただいた、「すべからく感謝する」という言葉。今年サンギは40周年を迎えましたが、これまで良い時も悪い時もありました。そういったこと全てがあってこそ、今があります。全てに感謝し、これからもよりよい製品づくりを行っていきたいと思います。

そのためにまず、おいしい食事とワインでリフレッシュして、力をつけないと!
また武井さん、よろしくお願いします!

---------------------------------------------------------------------


Bien (-びあん-)
埼玉県春日部市粕壁1-7-1(春日部駅徒歩30秒)
営業時間:12:00~14:00、18:00~22:00
定 休 日:火・水
電  話:048-763-9928
席  数:9席
---------------------------------------------------------------------