今日は 「 良く噛む 」 に 「 食材の組み合わせ 」 を
プラスしたメニューです。

全ての材料を大きめに切る事で、噛む回数が自然と増えます。
肉類も、薄切り肉より塊り肉の方が咀嚼の回数が増えます。

また、ごぼう ・ セロリ など食物繊維が豊富な野菜は
噛む事で歯の表面をキレイにしてくれる役割もあるんですよ!!!
 

今回の豆知識は・・・

「 小松菜 」 と 「 しめじ 」 の組み合わせ。
栄養素で言うと「 カルシウム 」 と「 ビタミンD 」 。

カルシウム の多く含まれる食材と ビタミンD の多く含まれる食材を一緒に
食べる事によって、 ビタミンD カルシウム の代謝を助けてくれます。

良く噛むに食材の組み合わせをプラスする事で、より良い食事をする
事が出来ますよ。

少し意識して組み合わせてみて下さい(・∀・)


 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


       ごろごろ五目のオイスターソース炒め

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      2人分

   ・鶏もも肉  1枚
   ・塩      少々
   ・白こしょう 少々 
   
   ・ごぼう      1/2本
   ・人参        1/2本
   ・しめじ      1パック(100g)
   ・小松菜      2株(100g)
   ・サラダ油    小さじ1/2

   A:オイスターソース・しょうゆ・酒  各大さじ1/2
   A:砂糖・水   各小さじ1
   A:片栗粉         小さじ1/2
   


    
   
    ・鶏肉は余分な水気と脂肪を除き、ひと口大に切り、塩・白こしょう
    で下味をつける。
   ・ごほうは包丁の背などで皮をこそげ、ひと口大の乱切りにし、
    水にさらす。
   ・人参は皮をむき、ひと口大の乱切り。 
    → ごぼう・人参は鍋に入れ、水から少し固めに茹でる。
   ・しめじは石突きを除き、小房に分ける。
   ・小松菜は根元を除き、長さ4cmに切る。
   ・Aはあわせておく。 


    ①ごぼうは水にさらしてアクを除きます。
   
    ②調味量は先にあわせておく事でスムーズに作る事が
           出来ます。


   
    
フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を加え両面香ばしい焼き色が
     付くまで中火で焼く。
    ②ごぼう・人参・しめじ・小松菜の根元を加えて全体に油がまわる
     程度に炒める。
    ③入れる直前に混ぜたAを加え、とろみがつくまで炒め、小松菜の葉
     を加え味をからめる。
  



 鶏肉を手羽元や手羽先などの骨付き肉に変えても美味しいですよ。
 しめじはお好みのきのこに変えたり、こんにゃくやれんこんなど入れても
 美味しいです。

 よく噛むことで野菜や肉の旨味を感じて、もりもり食べられます(^∀^)


 余談なんですが ・・・

 昔、どうしてもマラソン大会を欠席したくて骨折しようと公園のベンチの
 上の屋根から足首を曲げたまま飛び降りた事があります (・Å・;)

 結果 ・・・  ねんざすら出来ませんでした(涙)
 良い子のみなさんは、決して真似をしないで下さい (;∀;)

 これは、子供の頃からカルシウムの豊富な牛乳とビタミンDが多い
 煮干しを一緒に食べるのが大好きだから、骨がものすごく丈夫だった
 んだと確信しました!!!

 良い子のみなさんは、こちらは真似して下さい ( 笑 )