7月になりました。
6月は梅雨なのか初夏なのかなんだか不思議なお天気でしたね (・Д・;)

我が家の庭の夏野菜さん達もぐんぐん成長しています。
そんな夏野菜を使ってさっぱりメニューを作ってみました。
 
今回一緒に料理するのに選んだのは夏が旬の「いわし」!!
カルシウムが豊富ないわしは、カルシウムの吸収を助ける「 ビタミンD 」 も豊富!!
ビタミンD は野菜や肉にはあまり含まれておらず、きのこ類に含まれています。

カルシウムは歯や骨に大事なミネラルですが、
残念ながら吸収がされにくい (;Д;)
なのでカルシウムビタミンDと一緒に取るとより効果的なんですね。
いわし両方を含んでいるので、とても素晴らしい食材なのです (^◇^)
 
 
さてさて突然ですが、今から私の言う単語を想像して下さい。
「 酢 」 「 酢漬け 」 「 酢の物 」 「 ピクルス 」

おや (?∀?) おや (?∀?)
口の中に唾液が出てきませんでしたか (?∀?)

 
さてここで今回の豆知識・・・

すっぱい物を想像すると唾液が出てきますよね?
酸味のあるメニューは唾液が出るのをうながしてくれるんです!!
唾液は口の中を掃除してくれてるので、多い方が良いんですよ。
夏の暑い日には食欲がない日もあると思いますが、酢を使ったメニューで
さっぱり味で食欲増進&唾液をうながしましょう (^-^)

 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


          夏野菜といわしの南蛮酢漬け

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      2人分

   ・いわし(開いたもの) 2尾分
   ・かぼちゃ 60g
   ・なす 1本
   ・ズッキーニ 1/2本
   ・みょうが 2個
   ・片栗粉 小さじ2
   ・サラダ油 大さじ2

   ~南蛮酢~
   ・酢 50cc
   ・だし汁 100cc
   ・しょうゆ、砂糖、みりん 各大さじ1
   ・赤唐辛子(輪切り) 4切れ


    
   
    ・かぼちゃは厚さ5mmに切る。
   ・なすはヘタを除き、乱切り。
    水にさっとさらし、クッキングペーパーで水気を拭く。
   ・ズッキーニは厚さ1cmの輪切り。
   ・みょうがは縦半分に切る。
   ・鍋に南蛮酢の材料を入れ、ひと煮立ちさせておく。


  

   
①フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、野菜を並べて
    両面に焼き色を付ける。
    焼き色の付いたものから南蛮酢の中に漬ける。
   ②空いたフライパンにサラダ油大さじ1をたし、焼く直前に片栗粉を
    まぶしていわしを皮側を下にして入れる。
    両面こんがりと焼き、南蛮酢に漬ける(10分~)

  
とうもろこし・ミニトマト・オクラ・パプリカなどの他の夏野菜でもOK(^∀^)
もちろん夏野菜だけにして、副菜にしてもOK(^∀^)

いわしのかわりに鯵や鮭などの他の魚介類や、唐揚げなどの肉類をあわせて
主食にしてもさっぱりといただけて美味しいですよ(^∀^)