前回ご紹介したメニューの セロリ酢の効果 を使ってまたまた作ってみました。

さてここで復習!!

【酸味】
酸味のあるメニューは唾液が出るのをうながしてくれます。
唾液は口の中を掃除してくれてるので、多い方が良いのです。

【セロリ】
ごほう・レタス・セロリなど食物繊維の多い食材は良く噛む事で歯の粘膜や
表面をキレイにしてくれます。

【咀嚼】

噛む事は唾液を出したり、あごや歯が鍛えられます。

 
今回は歯に嬉しいだけでなく、保存もできる嬉しいメニュー

保存出来るといっきにたくさん作って食べたい時に食べられるし、
突然誰かが来た時でも役立つので、便利です (^^)
 
突然の来客にさっとおつまみに出せば、

お客さん 「 これ、どうしたの? 」
  私   「 前に漬けておいたやつなの 」
お客さん 「 わ~自家製? ピクルスって作れるんだぁ 」
  私   「 あまった野菜を漬けておいただけだよ~ (照れる) 」


な~んて感じのはず!?!?

彼や旦那の友達にも素敵な彼女 ( 奥さん ) と思われるはずです ( 笑 )

えっ??  私の妄想はもういいって (>Д<;)??

すいません。。。
ではでは、作り方 をご紹介します!!!

 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


          カラフルスティックピクルス 

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      ※作りやすい分量(2~3人分)

   ・セロリ  1/2本
   ・大根   60g
   ・人参   1/2本
   ・パプリカ(黄) 1/4個
   ・パプリカ(赤) 1/4個
   
   A:酢     150cc
   A:水      50cc
   A:砂糖    30g
   A:塩     小さじ1
   A:ローリエ    1枚   
   A:赤唐辛子    1本
   A:黒粒こしょう  5粒


     Aは耐熱容器で漬ける場合の分量になっています。
          ジッパー付き袋などで漬ける場合は、1/3~1/2量で漬ける事が
          出来ます。  


    
   
    ・セロリは筋を除き、長さ8cmにし、幅1cmに切る。
   ・大根・人参は長さ8cm、幅1cmの棒状に切る。
   ・パプリカは種を除き、幅1cmに切る。


  

    ①人参は熱湯でさっと茹でる(1分位)。

        漬かりにくい固い材料はさっと茹でると良い。大根は固いが
                           茹でると漬かりがとても早いので茹でませんが、お好みで茹
                           でてもOK

    ②耐熱容器に野菜を全て入れる。
      鍋にAを入れてひと煮立ちさせ、耐熱容器に流し込む。 
      密着ラップをしてそのまま冷まし、粗熱が取れたら蓋をして冷蔵庫
      で冷やす。

      1.粗熱が取れるまで常温で冷ます事で味が染みやすく
                                なります。
           2.数週間保管したい場合は、野菜を塩漬けしたり熱湯を
                                かけるなど水分を少し抜いて下さい。
                                煮沸をしたガラス瓶などに入れ、野菜が出ない位液を
                                入れてしっかりと密閉する。
                               食べる時にはきれいな箸などで取り、手でさわらない
                               ようにする。(菌が入ると傷んでしまうので注意しましょう)



 ラディッシュ・カリフラワー・トマトなど漬ける野菜は何でもOK!!

 ペコロス(小玉ねぎ)やきゅうりなど漬けた物をみじん切りにして、
 タルタルソースに加えても美味しいですよ(^^)

 私的にはピクルスはがぶがぶ?がつがつ食べるのではなく、
 ちびちび 「 酸っぱい(>ε<) 」 って思いながら食べるのがスキです♪

   勝手なイメージかもしれませんが、ピクルスって女子がスキですよね?
   みなさんの周りの方はどうですか??