9月になりました。

まだまだ暑いですが、気持ち良い季節です。
あまりにも気持ち良い午後だったので、庭でランチしちゃいました(^^)

太陽の下で食べるごはんってなんだか嬉しくなりますよね♪
今回はランチにもピッタリな旬のいかを使った 「 イカのミートソース 」 を
ご紹介します。

 
いかたこなどは弾力が強く、咀嚼回数が増えます。

普通 「 ミートソース豚か牛の挽き肉 」 が普通ですよね。
今回は 「 ミートいかの肉 」 で作ります!!


いかの旨味をソースに出すためにペースト状にしたものと、
いかのぷりぷり弾力感を良く噛むために粗いみじん切りにしたものを入れて、
旨味と咀嚼のいいとこ取りのソースに仕上げました!!
 
ちなみに今回はロングスパゲティではなく、ペンネを使用!!
ペンネは太くて弾力が強いので、良く噛む事が必要になります。


良く噛む事は唾液を出したり、あごや歯が鍛えられたり、
脳の刺激にもなるし、満腹感で食べすぎ防止にもつながりますよ(^^)
 

今回の豆知識
・・・

いかの旬は夏から秋にかけてです。
いかはビタミンE豊富で、ビタミンEは血行促進の効果があるので、
歯茎の血行を良くしてくれます。


 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


           イカのミートソースペンネ

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      2人分

   ・ペンネ(またはお好みのショートパスタ) 100g
   ・するめいか   1杯(150g)
   ・セロリ      1/2本
   ・玉ねぎ      1/4個
   ・にんにく      1かけ
   ・オリーブ油   小さじ1

   A:トマト缶        1/2缶(200g)
   A:トマトケチャップ   大さじ1
   A:砂糖         ひとつまみ
  
   ・塩・黒こしょう  各少々  


     するめいかは余ってしまわないように少し贅沢に多めに
         なっています。
         大きめの1杯200g以上の物であれば、するめいか1杯で
         その他の材料は2倍量・煮込み時間を15分にして作っても
         美味しく作れます。


    
   
    ・スパゲティはタイミングを見計らってパッケージ表示時間のマイナス
    1分茹でておく。
    ・いかはさばき、半量はミキサーにかけてペースト状。半量は粗い
         みじん切り。
    ・セロリは筋を除き、みじん切り。
    ・玉ねぎはみじん切り。
    ・にんにくは芽を除き、みじん切り。
  
      パスタの茹で湯の基本!!
         熱湯に対して1%の塩を加えます。1.5リットルの湯に
         塩大さじ1位が目安です。

      パスタは出来上がり時にアルデンテになるようにしましょう。
         今回はパスタを茹でたあとに、ソースにからめて加熱される
         時間を考えて1分前に設定しました。


  

    ①鍋にオリーブ油・にんにくを入れて弱火で加熱。
     良い香りがしてきたら、セロリ・玉ねぎを加えて中火で炒める。
     野菜がしんなりとしたらいかを加え、いかの色が赤くなるまで炒める。
    ②Aを加え、弱~中火で煮込む(10分)。

       時間があれば、鍋止めするといかの味がソースに良く染みて
         美味しくなります(鍋止めとは火を止めてそのまま冷まし、味を
         なじませる事)。

    
    ③パスタを加えてソースをからめ、塩・黒こしょうで味をととのえる。
    ④皿に盛る。



 お家でパスタを作ると、自分で思ってたより
 「 ん~。もっと上手く出来るはずだったのになぁ… 」 って事ありませんか?
 パスタ作る時はソースも大切ですが、下記の事も気を付けてみて下さい!!
 
 ●熱湯に対して1%の塩を加える ( 1.5リットルの湯に塩大さじ1位が目安 )
  →パスタに塩味が付きます。この塩味を考えてソースを作りましょう。
    またソースに茹で汁を入れる時にも、この塩分を考えて味をととのえ
    ましょう。

 ●パスタは出来上がり時にアルデンテになるようにしましょう。
  →茹であがりをチェックする時にアルデンテでちょうどよかったのに、
   テーブルに出したら柔らかかった事ありませんか?
   食べる瞬間にアルデンテになるようにするとより美味しく食べられます。

   パスタにソースをかける時は茹であがり30秒位前に。
   パスタをソースとからめながら加熱する場合は、その間にパスタが加熱
   されている事も考えて作ると、より美味しく仕上がりますよ。
 

 少し気を付けてあげると、より美味しく仕上がります。
 ぜひお試しあれ~(^◇^)