引き続き 「 食欲の秋 」 真っ最中です♪
誰か私の胃袋に 「 芸術の秋 」 もあるよ~と教えてあげて下さい (+o+;)

今回は紅葉シーズンのお弁当にもぴったりの豆ひじきごはんです。
私は食べやすくおにぎりにしてみました (^∀^)
 
今回メイン食材の1つ 「 ひじき 」 にはカルシウムが豊富に含まれています。

カルシウム
は歯の組織を作っている大切な栄養素。
歯の石灰化を助けてくれます。

 
今回の豆知識は・・・

大豆は 「 畑の肉 」 とも言われる位すばらしい食材です!!!
 大豆必須アミノ酸をバランス良く含む 「 良質たんぱく質 」 !!

一般的に植物性は動物性のたんぱく質には劣ってしまうのですが、
大豆は動物性にも負けない良質なたんぱく質です。

大豆の中に含まれる 「 大豆イソフラボン 」 には骨からカルシウム
溶け出すのを防ぐ役割があるのです!!!!!!
 
 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


            まめまめひじきごはん

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      作りやすい分量
        (5~6人分。おにぎりの場合約12~15個分)


   ・温かいごはん  3合分
   ・芽ひじき(乾)   15g
   ・大豆ドライパック(缶) 1缶(110g)
   ・人参 1/3本
   ・油揚げ(厚めの物) 1枚
   ・サラダ油  小さじ1
   ・だし汁    300cc

   A:みりん 大さじ1・1/2
   A:砂糖  大さじ2

   ・しょうゆ 50cc


   おにぎりにする場合は少し固めに炊いたごはんだと
        汁気を吸い、握りやすいです。
        
         

    
   
    ・ひじきはたっぷりの水で戻しておく。
   ・人参は長さ3cmのマッチ棒位の千切り。
   ・油揚げは熱湯をさっとかけ、横半分に切り、幅5mmの千切り。

  

  

    ① 鍋にサラダ油を中火で熱し、ひじき・大豆・人参・油揚げ
     を加えて炒める。
    ② 全体に油がまわったらだし汁を加え、沸騰後Aを加えて
     5分煮る。

   具に甘さを先に含ませておきます


    ③ しょうゆを加え、煮汁が少し残る程度(大さじ3位)まで煮る。
     そのまま冷ます。

   冷めていくうちに味が馴染んでいきます(鍋止め)


    ④ ごはんに③の汁気を軽く切って加え混ぜる。お好みで汁気
     を加えて味を調整する。おにぎりの場合はにぎる。




  今回は混ぜごはんなのでひじきの煮物の味付けは濃いめ
  になってます。

  そのまま食べる場合は煮詰まる前に少し取り出すか、
  みりん・砂糖・しょうゆを減らして味を調整して下さい。

  油揚げが煮汁を吸ってくれるので、出来れば気持ち厚めの
  売ってますよね!!

  3枚100円じゃなくて、1枚50円~100円位の!!
  そっちがオススメです!!

  あとは大豆のかわりに鶏肉を入れるのもオススメです!!
  お弁当でおにぎりにする場合は少し固めに炊いたごはんが
  オススメですよ (^◇^)

  さぁて、私もお弁当持っておでかけしちゃお~っと♪
  
  お出かけ先は次回のブログで (^-^)お楽しみに~