あけましておめでとうございます m(__)m
 
 
・・・と言いたいところですが、
お正月になってからお正月料理を紹介したのでは遅い ( ̄□ ̄;)
という事に今さら気付きました。

なので、少し早いですが 「 おせち料理 」 から今回は 「 炒り鶏 」 
を紹介します。お祝い事なので、今回は少し手間はかかりますが、
飾り切りをして、見た目も華やかに仕上げてみました (´∀`)
 

飾り切り
・・・
手間はかかれど、日本人の心って感じがします (●´ω`●) はぁ~素敵。

「 作る人の食べる人への気持ちの表れ 」
「 食べる時には作ってくれた方に、そして材料に感謝 」

ずっと若い世代の子達にも引き継いで欲しい日本の心からの料理です。

 
炒り鶏はごろごろと野菜がたくさん入っています。

全ての材料を大きめに切る事で、噛む回数が自然と増えます。
肉類も、薄切り肉より塊肉の方が咀嚼の回数が増えます。

噛む事唾液を出したり、あごや歯が鍛えられたり、
脳の刺激にもなるし、満腹感食べすぎ防止にもつながりますよ (^-^)v

 
 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


              お祝い炒り鶏

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      4人分

   ・鶏もも肉    1枚
   ・こんにゃく  小1枚
   ・干し椎茸    4枚
   ・人参 1本
   ・れんこん 細めの物 150g
   ・筍(水煮)  小1個
   ・絹さや     12枚
   ・水(椎茸用) 100cc

   A:酒・しょうゆ 各小さじ1

   B:干し椎茸の戻し汁+水 200cc
   B:砂糖  大さじ2
   B:酒   大さじ1

   C:みりん  大さじ2
   C:しょうゆ  小さじ4

   ・サラダ油 大さじ1/2
      

         

    
   
    ・鶏肉は余分な水分と脂を除き、3cm角位に切る
    → Aに漬けておく ( 下味 )

   ・こんにゃくは厚さ7~8mm位に切る
    → 中央に縦に3cm位の切り込みを入れ、片方の端を穴に
      くぐらせる ( 手綱切り )
   ・干し椎茸は分量の水に漬けて戻し、軽く絞って石突きを除く
    → 六角形になるように端を切る ( 亀甲椎茸 )
   ・人参は幅1cmの輪切りにし、梅型で抜く
    → 花びらと花びらの間に3mm位の切り込みを5ヶ所入れる。
      切り込みから切り込みにむかって削ぎ取る ( ねじり梅 )
   ・れんこんは厚さ7~8mm位の輪切り
    → 穴のカーブにあわせて皮をむき ( 花れんこん )、酢水
     ( 分量外 ) にさらす
   ・筍は食べやすい大きさの形を生かしたくし形切り
    → 熱湯でさっと茹でる ( 下茹で )
   ・絹さやは花落ちの部分を残して筋を除く
    → 塩少々 ( 分量外 ) を加えた熱湯でさっと茹でる


  


  

    ①鍋にサラダ油を中火で熱し、鶏肉を下味ごと加え炒める。
     鶏肉の色が変わったら、絹さや以外の野菜を加え炒める。
    ②全体に油がまわったらBを加え、ひと煮立ちしたらアクを除き、
     落とし蓋をして弱~中火で8分加熱。
    ③を加え、蓋をして5分加熱。
     火を止め、蓋をしてそのまま冷ます ( 鍋止め )。
    ④器に盛り、絹さやを3枚一組にして飾る。



  ごぼう・里芋などお好みの野菜で作って下さいね (^∀^)

  「 和風に飽きちゃったわぁ (>ε<) 」 っという方には
  以前にご紹介した 「 ごろごろ野菜のオイスターソース炒め 」
  で中華風にしてみるのも良いですよ♪

  レシピはこちら → http://blog.apagard.com/meiko.php?itemid=3443