今回は 「 おうちバレンタイン 」 をテーマにしてみました。

持って行って渡すのもいいけれど、おうちバレンタインも楽しい
もちろん、持ち運べるカップに作って、持って行ってもOKです (^∀^)


おうちだからこそ出来る事、おうちだからこそ楽しめる事ってありますよね。


例えば・・・

ランチやディナーを作って、最後に 「 はい 」 と言ってさりげなくティーカップを置く。
彼はコーヒー ( 紅茶 ) だと思っていたら、なんとチョコレートプリン!!

ちょこっとした事だけど、バレンタインならではのプチびっくり!!


例えば・・・

お皿にメッセージを書いて出す。
お皿のメッセージって、自分の為に書かれている!!っていう特別な感じがして
なんだかとっても嬉しくなりますよね♪

他にも溶けてしまう物や熱々の物などおうちだからこそ楽しめる物などなど!!
ぜひぜひ、みなさんのやり方でおうちバレンタイン楽しんで下さいね (・∀<)



今回の豆知識・・・

今回使用している牛乳生クリームにはカルシウムが多く含まれます。
カルシウムに大事なミネラル

カルシウムを多く含む食品と言えば、乳製品大豆製品魚介類緑黄色野菜
海藻類などありますが、実は吸収率が大きく違うのです。

乳製品50%前後、大豆製品魚介類と少し低くなり、野菜だと20%前後。
( 色々とデータがあるので正確な数値でなくてごめんなさい )

カルシウムの中でも吸収率を考えると効率的なのは乳製品なんです。
カルシウムが豊富に含まれるからと言って、 「 たくさん摂取=たくさん吸収 」 
ではないんですね。



 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


            簡単チョコレートプリン

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      マグカップなら2個分、
         浅いグラスやエスプレッソカップなら4個分

   ・板チョコレート ( ビター ) 1枚 ( 60g )
   ・生クリーム 150cc
   ・牛乳 150cc
   ・粉ゼラチン 5g
   ・冷水 小さじ5

   A:生クリーム ( 飾り用 ) 50cc
   A:砂糖 小さじ1/2

    より濃厚にしたい場合は生クリームを増やす
           → 牛乳を減らす。
           さっぱりめにしたい場合は生クリームを減らす
           → 牛乳を増やす。お好みで濃度を調整する事が出来ます。

    砂糖は使用せずチョコレートの甘みだけですが、ビターでも
          十分甘さがあります。
          より甘い方が良い場合はミルクチョコレートを使用して下さい。
   


    
   
    ・板チョコレートはマス目の半分位に手で割る。
   ・粉ゼラチンは冷水にふり入れひと混ぜし、戻しておく ( 10分~ )。
   ・飾り用の生クリームはAの砂糖とあわせ、7分立てに泡立て冷蔵庫
    で冷やしておく。



  

    
①鍋に生クリーム・牛乳を入れ、弱~中火で沸騰直前まで温める。
    ②ボウルにチョコレート入れ、①を注ぎ入れ、ラップをして2分置く。
     ゴムベラで均一に混ぜ、チョコレートを溶かす。

    チョコレートが溶けなかった場合は、湯せんにかけて
          溶かしましょう。

    ③湯せんで溶かしたゼラチンを加え、ゴムベラで均一に混ぜる。
    ④器に分け入れ、冷蔵庫で冷やし固める ( 60分~ )。

    早く固めたい場合は、氷水にボウルを当てながらゴムベラ
          で混ぜ、とろみがついてきたら器に分け入れると冷蔵庫で
          30分位で固まります。

    ⑤
飾り用の生クリームをスプーンでのせ、お好みでミントの葉を添える。


   【アレンジバージョン】

    上記の作り方と同様に③まで作り、グラスに入れて冷やし固める。
    ②茶こしでココアパウダーをふり、飾り用の生クリーム・板チョコレート
     1かけ・ミントの葉をのせる。
    ③チョコペン ( 黒 ) 1本を湯に付けて溶かし、皿に好きなメッセージを
     書き、②をのせる。
     ( 写真は 「 Happy Valentine Day 」 と書きました♪)
 




  カルシウムが多く含まれていますが、チョコレートには
  糖分が含まれています。

  あま~く美味しい楽しい時間を過ごした後には、
  アパガードでしっかりと歯をみがきましょう( ^ε^ )