です。
店頭に1年にこの時期しか会えない、茹でられる前の皮付きの筍に出会えます (^^)
やっぱり、年中ある水煮パックとは味が味も柔らかさも違う (> <)!!
 
皮付きの筍を見ると、
「 春だなぁ~。 美味しいなぁ~ 」
「 穂先の柔らかいところは、お吸い物にして
「 煮物で・・・ 焼きで・・・ ごはんにも・・・

ってなんだか嬉しくなって、しばらく眺めてしまいます (^ε^)♪
 
そんな筍を使って、今日は 「 たけのこごはん 」 を作りました。
せっかくのこの時期のたけのこですから、可愛らしい独特の形と柔らかさ、
独特のコリコリ歯ごたえ を楽しめるようにしました (^^)

繊細に 「 に味を加えて、たけのこはそのまま一緒に炊く 」 というパターンも
ありますが、私的には具材にも味が付いている方が好きなので
に味を付けて、残った煮汁で米と一緒に炊く 」 というパターンにしました (^^)
 
 
今回の豆知識・・・

には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維が多く噛む事で、歯の粘膜や表面をキレイにしてくれます。

また、歯ごたえ良い部分を作る事で良く噛む事が出来、消化を助けてくれたり、
唾液を出してくれりします。
  

 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


              たけのこごはん

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      作りやすい分量(4~5人分)

   ・米 2合(360cc)
   ・下茹でした筍 200g
   ・油揚げ 1枚

   A:薄口しょうゆ・砂糖 各大さじ2
   A:だし汁 200cc

   ・木の芽 あれば適量

    だし汁 200cc → 水200cc + 和風顆粒だしの素
          小さじ1にし、炊飯器に加えるだし汁 → 水にしてもOKです。
          こちらの方がお手軽に出来ます。
   



    
   
    ・米は洗って、ザルで水気を切る。
   ・筍は穂先は形を生かして幅5mmに切る。根元は5mmの角切り。
   ・油揚げは熱湯をさっとかけ ( 油抜き )、みじん切り。

    穂先は柔らかいので、筍らしい形を生かして大きめに
          切ります。 根本は角切りにして加える事で、食べた時の
          コリコリとした歯ごたえを楽しめるようにしてます。

 

         
  

    
①鍋にAを入れ中火で加熱。
     沸騰後、筍・油揚げを加え水分が半分位になるまで味を煮含める。
     ザルで具と煮汁に分け、煮汁を完全に冷ます。
    ②炊飯器に米・①の煮汁を入れ、2合の目盛までだし汁を注ぐ。
     軽く混ぜ、炊飯器の白米普通炊きモードで炊く。
    ③ごはんが炊きあがったら①の具材を加え、混ぜて蒸らす。
    ④茶碗に盛り、お好みで木の芽をのせる。




 我が家では、たけのこごはんの日にはおかずいらないんじゃないか?
 という位、ごはんもりもり食べます (^ε^)

 筍は食物繊維が豊富で、さらに低カロリーのヘルシー食材!!
 女性には特に安心&嬉しい食材です (^^)

 お弁当やおにぎりにしても美味しいので、多めに作っても大丈夫 (^^)
 米 ( うるち米 ) をもち米に変えたり、うるち米ともち米の配合を変えて、
 もっちりとした食感を楽しんでも美味しいです (^^)♪