7月です。

暑いですね (>Д<;)

暑い時こそ、カレーを食べて暑さをふっ飛ばしましょう!!
っという事で今回は 「 インドカレー 」 にチャレンジしたいと思います。
 
・・・が!!!
 
インドカレー辛い 」 と思っていませんか (?Д?)

実はスパイスの使い方で辛さは自由自在~
インドカレーは日本のいわゆる定番のカレーよりも 「 スパイス 」 を
豊富に使っています。


今回は5種類スパイスと生の2種スパイスで作ります。

インドではスパイスは料理に風味を付けるだけでなく、体の調子を整える
薬の役割をするんですよ (^^)
 

今回使っているスパイス効能・・・

しょうが :味と香りつけに使用。消化作用があり、体を温める
にんにく :味と香りつけに使用。肉や魚の臭みを消し、旨味を出す。
        抗菌作用がある
赤唐辛子 :油で炒めると刺激的な辛みと香りが出る。
         辛くしたくない場合は使用しなくても良い。
ローリエ :香りづけに使用。甘い香りが食欲を刺激する
ターメリック :味付けに使用。鮮やかな黄色のスパイス。
          香りに苦みを持ち、消化作用・抗菌作用がある
クミンパウダー :味付けに使用。甘い風味と刺激的な味。
            味をまろやかにし、カレーにとろみを出す。消化作用がある
チリパウダー :味付けに使用。強い辛味があるので、辛さの加減はこれで
           付ける。 ビタミンCが含まれている
 

今回のカレーにはカルシウムの豊富なヨーグルトを加えてマイルドに。


そして コラーゲン 豊富な 鶏手羽元 ビタミンC が豊富な トマト缶
組み合わせました。

鶏手羽元には骨が付いているので、煮込む時に旨味も出るし、
塊肉を噛む事で咀嚼回数も自然に増えるGOODな食材です (^∀^)

また、トマト には リコピンビタミンA・E など 抗酸化作用 のある
成分が豊富に含まれているので、夏のお肌が気になる時期には嬉しい
食材です (>∀<)
 


今回の豆知識・・・

カルシウム は吸収されにくく、特に 乳製品 に比べて、魚介類野菜類
は吸収率が低めです。
カルシウム は吸収を助けてくれる栄養素と摂取するのがポイント!

いくつかある栄養素の中で、今回は 「 たんぱく質コラーゲン ) 」 を紹介。
コラーゲン 」 は 歯茎 にハリと弾力を与える大切な栄養。

さらに、コラーゲン繊維骨の基礎 となる大切な物です。
コラーゲンにも歯茎にも大切な物なのです。
  

 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


       ヨーグルトチキンカレー(インドカレー)

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      2人分

   ・鶏手羽元  6本
   ・玉ねぎ  大1個 ( 中の場合 1・1/2個 )
   ・塩    小さじ1

   A:赤唐辛子 1/2本
   A:ローリエ   1枚

   B:クミンパウダー      小さじ1
   B:ターメリックパウダー 小さじ1/2
   B:チリパウダー      小さじ1/4

   C:しょうが   1/2片
   C:にんにく  1かけ
   C:トマトホール缶   1/2缶 ( 200g )
   C:プレーンヨーグルト・水  各100cc

   ・バター 15g
   


    
   
    ・玉ねぎはみじん切り。
   ・赤唐辛子は種を除く (1本使用する場合はそのままでも良い )。
   ・しょうがはすりおろす。
   ・にんにくはすりおろす。
 
         
  

    
①鍋にバター・Aを入れて中火で加熱。
     良い香りがしてきたら玉ねぎ・塩を加え、きつね色になるまで
     じっくりと炒める ( 15 ~ 20分 )。

     玉ねぎは焦がさないように、じっくりと炒めて
          甘みと旨味を引き出します。

    ②Bを加えてさっと炒めて香りを出し、鍋の端によせる。
     空いた所に鶏肉を加え炒める。肉の色がかわったらCを加え、
     トマトを潰すように混ぜる。
     沸騰後、弱~中火で15~20分とろみが付くまで煮込む。

     骨付き肉を使う事で骨からもダシが出ます。


    ③器に盛りお好みで香菜を添える。
     ライス・チャパティ・ナンなど一緒にいただく。


    ※写真はチャパティ 
     ( 薄力粉・サラダ油・水をこねて、伸ばして焼いた物 )




 スパイスはお好みで量を調整したり、追加して下さい。
 
 コリアンダーパウダー・ガラムマサラ・シナモン・粒こしょうなど
 色々あります。
 味も辛さも調整出来るのが手作りの良いところ♪

 自分の好みの 「 オリジナルインドカレー 」 を作ってみて下さいね (^^)