寒い日が続きますね。

ほっこり温まる、お鍋が美味しい季節です(^^)
体の中から温まる、そんなお鍋作ってみました。
 
実は某メーカーの 「 挽き肉 チンゲン菜 坦々ごま~な○~
が大好きな私。 

といえばこの鍋!! 」 っという位はまっています。


でも、食べたい時にがない事も・・・

6年間の冬の間、食べ過ぎてやっと気付きました。
自分で作ってしまえば \(◎o◎)/ っと ( )
 

カルシウム
ミネラルビタミンが豊富で栄養価の高い緑黄色野菜
チンゲン菜に、カルシウム豊富な大豆製品厚揚げなどたくさんの
具材を入れました(^^)


白菜や、旨味が汁に染み込むしめじ血行を良くして体を
温めてくれる長ねぎなどなど

餃子以外に咀嚼回数が増えるように、焼き肉用厚み
ある豚肉にしましたよ!!
 

今回の豆知識・・・

カルシウム吸収されにくく、特に乳製品に比べて、魚介類野菜類
吸収率低めです

カルシウム吸収を助けてくれる栄養素摂取するのがポイント!

いくつかある栄養素の中で、今回は 「 マグネシウム 」 を紹介。
マグネシウム体内では60%が骨に存在します。

の中でコラーゲンの素になり、骨の弾力につながります。
ごまに多く含まれるマグネシウムが、カルシウム吸収率
高めてくれます。



 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


               坦々ごま鍋

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      3~4人分 
        
※みんなでお鍋をかこむ事が多いと思うので今回は多めです。


   ・豚バラ肉(焼き肉用) 200g
   ・餃子         9~12個
   ・厚揚げ     1枚
   ・しめじ       1パック ( 100g )
   ・長ねぎ     1本
   ・白菜       1/8個
   ・チンゲン菜  2株
   ・生ラーメン   2玉
   ・水        4カップ~

   A:おろしにんにく・おろししょうが  各小さじ1/2
   A:長ねぎ  1/2本
   A:白練りごま  大さじ4
   A:しょうゆ・粉末ピーナツ  各大さじ3
   A:砂糖・酢・みそ・酒・鶏がらスープの素  各大さじ1
   A:豆板醤  小さじ2~

   豚肉は豚バラ薄切り肉・豚ロース薄切り肉などでも。
         今回は咀嚼回数を増やすために焼き肉用の厚めのもの
         を使用しています。

   粉末ピーナツがない場合は、同量の白すりごまを加えて
         加えて下さい。

   
辛さは味をみながら、調整して下さい。
 

    

    
   
    ・厚揚げは幅1.5cmに切る。
    ・しめじは石突きを除き、小房に分ける。
    ・長ねぎは長さ5cmの斜め切り。Aの長ねぎはみじん切り。
    ・白菜は大きければ縦半分に切り、幅4cmに切る。
    ・チンゲン菜は縦に4等分に切る。
    ・生ラーメンは最後に加える直前に熱湯にさっとくぐらせ、粉を落とす。
    ・鍋にAをあわせる。
 
         
  

    
①鍋にAを入れ、水を数回に分けて加え、溶き伸ばす。
     中火にかけ、ひと煮立ちしたら、辛さ・味の濃さを調整する
     (お鍋に対して汁が多い場合は、あわせた後に計量カップなどに
     別に取って置く)。

   味見をして、辛さが足りない場合は豆板醤で調整するか、
         お好みでラー油を加えても良い。

   白菜など水分が出る野菜の事を考え、水で味の濃さを調整
         すると良い。

    ② 鍋に具材を加え、蓋をして火が通るまで加熱。
      ※鍋の大きさによって一度に全て入れてしまわずに、2~3回に
       分けて下さい。
    ③具材を食べ終えたら、水 (分量外) を加えて汁の濃さを調整する。
      ラーメンを加え、さっと温める。


   

 坦々ごま鍋といえば、シメは坦々麺ですよね~

 もちろん坦々麺も美味しいですが、ごはんを加えて卵でとじた
 雑炊も美味しいです♪

 私はシメは坦々麺。
 翌日の朝に雑炊にして、2回楽しんじゃいました♪♪♪

 あとオススメは厚揚げです!!!!!

 厚揚げは揚げて衣が付いているので、その部分に汁が染みて
 おいしぃ~んです♪♪♪

 もちろん、絹ごしや木綿豆腐でもOKですよ。
 油揚げ・麩なども味が染み染みするので、オススメですよ( ^ ε ^ )♪