少しずつですが、が近づいている予感がする今日この頃(^^)
スーパーでも、並んでいる野菜を見ていると季節を感じます

通年で販売していないお野菜はたっくさん!!!
特にスーパーの入り口の青果売り場には、季節の果物がドド~ンと並んでます。

りんごクリスマスいちごみかんと変わって行き、
そしていちごに。

草花木温度でも季節を感じますが、スーパーでも季節を感じる事が出来ますよ
あまり意識してなかった方は、今度季節を感じにぜひスーパーへ行ってみても
いいかもしれません(^-^)
 

今回は、新緑を感じるらしいカラーのジェノベーゼを作ります。

普通はバジルで作りますが、栄養たっぷりの春菊でアレンジ!!!
さらに茹でえびを小さく切って加え、彩りをプラスしました
 

今回の豆知識・・・

春菊は、栄養価の高い緑黄色野菜です。

カロテン ビタミンB2 カルシウムなども豊富で、
にも嬉しい栄養素が含まれています。

カロテンは、体内でエナメル質土台を仕上げてくれるビタミンAにかわりますが、
たんぱく質と一緒に摂取すると、吸収率が高まります。

今回は、オリーブ油と合わせます。

春菊の独特の香りは、胃腸の働き促進してくれるので、という新しい環境に
なる季節で、緊張して食欲がない~という方にもオススメですよ。


 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


          春菊と小エビのジェノベーゼ

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


      2人分 

   ・スパゲティ1.6mm 160g
   ・蒸しえび 60g
   ・春菊 20g

   A:くるみ(そのまま食べられる物) 10g
   A:にんにく  1/2片
   A:パルメザンチーズ   大さじ1・1/2
   A:エキストラバージンオリーブ油  40cc
   A:塩  小さじ1/8

   ・茹で湯  大さじ2~
   ・塩・黒こしょう  各少々
 

    

    
   
    ・スパゲティはタイミングを見計らって、パッケージの表示時間通り
    茹でる。茹で湯は使用するので取っておく。
   ・えびは1㎝角位に切る。
   ・春菊は根元の硬い部分を除く。
   ・くるみは手で粗く砕く。
   ・にんにくは縦半分にし、芽を除く。
    
   蒸しえび(茹でえび)は殻が付いている場合はむく。
         むきえびの場合は、スパゲティと一緒に茹でればOK。

   くるみは製菓用の場合はフライパンで空炒りしてから使用する。

   パスタの茹で湯の基本!!
         熱湯に対して1%の塩を加えます。1.5リットルの湯に
         塩大さじ1位が目安です。


 
         
  

    
①ミルミキサー(ない場合はミキサー・フードプロセッサーなどでも可)に
     春菊・Aを入れ、ペースト状になるまでミキサーにかける。
    ②ボウルにA・茹で汁を加え溶き伸ばし、茹でたてのスパゲティ・えびを
     加え和える。茹で汁でソースの硬さを、塩・黒こしょうで味をととのえる。
    ③皿に盛り、春菊の葉(飾り用)をのせ、黒こしょうをふる。
     


   
 春菊って春が旬だと思いますか??

 春菊の旬は11~3月位の、冬から春になる前。
 「 じゃぁ、なぜ春菊? 」 かと言うと、春に黄色の花を咲かせるから
 なんですよ(^^)