になると、お弁当出番が多くなりませんか?

お花見はもちろん、最近では運動会に行う学校も多いようです (^^)
新緑季節も気持ちが良くて、お公園お弁当なんて事も ・・・
 
新しいお家の近くには2つ大きな公園があって、
気持ちの良いお天気の日には、お散歩に出かけます。

今度は、お弁当持って行こうかなぁ
 

今回はお弁当にもぴったりな、れんこんの肉詰め紹介します。

食物繊維が豊富で、ビタミンCも含むれんこんは、シャキシャキ感噛みごたえ
美味しいお野菜。 甘辛タレでからめるので、お弁当にもピッタリ

お家で食べる時には、卵黄温泉卵をとろりとからませても (^ω^)♪
 

今回の豆知識・・・

れんこんには、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維
が多く噛む事で、歯の粘膜表面キレイにしてくれます。
また、歯ごたえ良い部分を作る事で、良く噛む事が出来、消化を助けてくれたり、
唾液を出してくれたりします。



 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


             れんこんの肉詰め

  


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


       2人分

   ・れんこん  中位の太さ約5cm ( 150~180g 位 )
   ・鶏挽き肉 120g
   ・長ねぎ    1/4本
   ・酒     小さじ2
   ・塩      少々
   ・薄力粉   適量

   A:しょうゆ・酒・砂糖 各大さじ1



    
   
    ・れんこんは皮をむき、幅7~8mmの6枚の輪切りにし、水にさらす。
   ・長ねぎはみじん切り。

   れんこんの直径は色々なので g で合わせ、小さい場合は
         個数を増やして。 大きい場合は半月切りにして使用する
         など調整して下さい。

 
         
  

     
①鍋に湯を沸かし、れんこんを竹串がやっと刺さる程度まで茹でる。
     ザルに取ってそのまま冷ます。
    ②ボウルに挽き肉・長ねぎ・酒・塩を入れ、均一に手で混ぜる。
     6等分にする。
    ③れんこんの水気をクッキングペーパーでしっかりと拭き、肩面に
     茶漉しで薄力粉をふるう。
    ④薄力粉のついた方に②をのせ、穴に肉タネを詰めるように
     手の平でギュっと押し付けるようにくっつける。
     穴に入らなかった分の肉タネは、れんこんに平らになるように
     こすりつける。
    ⑤フライパンにサラダ油を中火で熱し、肉タネの方を下にして並べる。
     しっかりと焼き色が付いたら返し、同様に焼き色が付くまで加熱。
     一度取り出す。 

   お弁当の時には茶漉しで薄力粉を全体に薄くふるってから
         焼くと、タレのとろみが強くなり、味がしっかりと付きます。
      

    ⑥空いたフライパンにAを加え、とろみがつくまで加熱。
     ⑤を戻し入れ、全体にからめる。




 
 れんこんって、食感がとても大好きです (^-^)

 「 シャキシャキ 」 「 ホクホク 」 「 もちもち 」
 調理方法によって色々食感が変わるなんて、おもしろい野菜です!!

 素揚げや茹でたてのれんこんが大好きな私。
 甘みが出るんですよね~

 調理中に茹で立てを、塩をちょこっとだけ付けて食べるのが好きなので、
 実はいつもつまみ喰いの分も含めて茹でてます (*^_^*)

 いつか、水に漬かりながらの 「 れんこん掘り 」 やってみたいなぁ~