イタリアにすっかり染まってる私。

今回ももちろん、イタリアンです!!!!!
 
今回はクリスマスにもぴったりな「ミラノ風カツレツ

牛肉を薄く叩いて伸ばし、チーズ風味の卵液とパン粉をまぶして焼きます。

レモンを絞っていただきます(^^)

普通のカツも粉チーズをプラスする事で、簡単にカルシウムをプラス出来ますよ。
 
ちょっと早いですが、今回はクリスマスプレゼントでカツレツにぴったりな

ミラノ風リゾット(サフランのリゾット)」のレシピもご紹介します(^^)

サフランのリゾットもイタリア料理の定番メニューです。



今回の豆知識・・・

レモンの酸味は唾液をうながしてくれます。

唾液は口の中を掃除してくれるので多い方は良いのです。

またレモンにはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCはカルシウムの吸収を良くし、コラーゲンの合成のサポートもします。

コラーゲンは皮膚などを構成するのに欠かせない成分!!

歯茎のためにも、コラーゲンの摂取は大切です。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

           
              ミラノ風カツレツ&リゾット(サフランのリゾット)

  




     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       2人分    
   
  ・牛肉(ロースまたはもも肉) 80g×2
  ・塩 小さじ1/4
  ・黒こしょう しっかりめ
  ・薄力粉 適量
  A:卵 1個
  A:パルメザンチーズ 大さじ1・1/2
  A:オリーブオイル 大さじ1/2
  ・パン粉 80g
  ・バター 10g
  ・オリーブオイル 大さじ2
  ・レモン 1/4個
  ・お好みのサラダ

     
  
  ・牛肉は肉叩きで叩いて厚さ5mmにする。
  ・Aはバットにあわせ、とろりとするまで混ぜる。
  ・パン粉は袋に入れてよく揉んで細かくする。
  (またはフードプロセッサーで細かくしてもOK)
  ・レモンは2等分に切る。


  

    ①     牛肉に塩・黒こしょうをし、茶漉しで薄力粉を薄くまぶす。
       Aをしっかりとからませ、パン粉を上から押さえるようにしてしっかりと付ける。
    ②     包丁で1.5cm間隔で格子状の模様を軽く付ける。
    ③     フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、模様を付けた方を下にして並べる。
     香ばしい焼き色が付いたら返し、同様に焼き色を付ける。
     最後にバターを加え溶かして風味を付ける。
    ④     お好みのサラダを盛った皿に③をのせ、レモンを添える。



★サフランのリゾット



  ・米 1/2カップ(100cc)
  ・玉ねぎ 1/8個
  ・白ワイン 大さじ2
  ・バター 5g×2
  ・サフラン ひとつまみ
  ・塩・黒こしょう 各少々
  ・パルメザンチーズ 大さじ1~
  A:コンソメ顆粒 小さじ2
  A:水 500cc
 


・玉ねぎはみじん切り。
・Aは鍋に入れ、常に温かい状態にしておく
 



     鍋にバターを中火で加熱。半分溶けた所で玉ねぎを加え、透き通るまで炒める。
     米を加え、米が熱々になるまで(白っぽくなるまで)炒める。
     ポイント:米を洗うと米が割れ、粘りの原因になるので洗わずに使用して下さい
     白ワインを加えアルコールを飛ばす。Aを米がかぶる程度・サフランを加え、中火で煮詰める。
     汁気がほぼなくなったら軽く混ぜ、米がかぶる程度のAを再度加え、さらに煮詰める。
     →同じ作業を2~3回程度。食べた時に少し米の芯が残っている位に加熱する(約15分)
     ポイント:煮詰める目安は米の間に数か所の穴が開く程度
     ポイント:何度も混ぜると粘りが出てしまうので、焦がさない程度で混ぜ過ぎないように注意
     粉チーズ・塩・黒こしょうで味をととのえる。バターを加え溶かし混ぜる。
     皿に盛り、お好みでパルメザンチーズをかけていただく。
 
 
 
   リゾットって難しそうだなぁ?って思ってませんか(?ω?) 

   実はお米を炊くよりも早く出来るし、スープが無くなったら足す無くなったら足す
   
という単純な作業で出来ちゃうんです(^^)v
   
サフランを入れずに・・・
   
チーズたっぷりで「チーズリゾット」

トマトソースをプラスして「トマトリゾット」

残ったカレーを加えて「カレーリゾット」

きのこをじっくり炒めて加えて「きのこのリゾット」

色々アレンジできますよ♪