きんぴらの意味って知ってますか??

「きんぴら」って聞くと「ごぼうの事じゃないの??」と思う方も多いかもしれません。

「きんぴら」は砂糖・しょうゆなどで甘辛く炒めた料理の事を言います。

なので、ごぼうでも、人参でも、れんこんでも、

この調理法なら全部「きんぴら」なんですよ(^ω^)v
 

今回はれんこんとこんにゃくで、噛みごたえたっぷりのきんぴらにしました!!!

さらにカルシウムとマグネシウムが方なごまをプラス。

マグネシウムはカルシウムの吸収を助けてくれる大事な栄養素!!!

さらに噛みごたえしっかりなので、咀嚼力はもちろん、満腹感がしっかり得られるのも

嬉しいポイントです(^ω^)v 



今回の豆知識・・・

れんこん・こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維が多く噛む事で、歯の粘膜や表面をキレイにしてくれます。

また、歯ごたえ良く厚めに切るで良く噛む事が出来、消化を助けてくれたり、

唾液を出してくれたりします。
 

   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

             歯ごたえきんぴら 





   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 
2人分
・れんこん 200g
・こんにゃく(アク抜き) 120g
・白炒りごま 小さじ2
・輪切り唐辛子 4切れ
・ごま油 小さじ2
A:砂糖・みりん・酒・水 大さじ1
A:しょうゆ 大さじ2
 
 

・れんこんは厚さ3mm位の少し厚めの薄切り。水にさらし、水気を拭く。
・こんにゃくは2cm角位の棒状にし、厚さ5mmに切る。
 
 ・こんにゃくがアク抜きされてない場合は、塩少々でこすり5分置く。
        ・熱湯で表面が白っぽくなるまで(大きさによって3~5分位程度)
         さっと茹でてアク抜きして使用する。
 


     フライパンにごま油を中火で熱し、れんこん・唐辛子を加え炒める。
     れんこんに透明感が出てくるまで炒め、こんにゃくを加え炒める。
     Aを加え、汁気がなくなるまで煮からめる。火を止め、ごまを加え混ぜる。
 
 


今回は野菜だけで副菜風ですが、豚小間切れ肉を加えて主菜にしても

ごはんにとっても合いますよ(^ω^)

冷めても美味しいので、お弁当にもぴったりな1品です。