みんな大好きクリームコロッケ(´∀`)

今回はクリームの中にコーンクリームを入れて、黄色のクリームに。

ホールコーンもたくさん入れて、

コーンの甘みとミルクの甘みが美味しいクリームコロッケに仕上げました(●´ω`●)
 

クリームコロッケってミルク感を出そうと牛乳たっぷり入れると生地がゆるくて作るのが

難しいし、粉が多いと生地が固くて思い描いてたのと違う(^^;)って事ありますよね。


今回はポイントとして「スキムミルク」を使います。

スキムミルクでミルクのコクと甘みを出しながら、生地がゆるくならずに

カルシウムアップ!!!!!

美味しいクリームコロッケが作れちゃいますよ(・ω・)v
 


今回の豆知識・・・

今回使用しているスキムミルクにはカルシウムが多く含まれます。

カルシウムは歯や骨に大事なミネラル。

カルシウムを多く含む食品と言えば、乳製品・大豆製品・魚介類・緑黄色野菜・海藻類

などありますが、実は吸収率が大きく違うのです。

乳製品で50%前後、大豆製品→魚介類と少し低くなり、野菜だと20%前後。

(色々とデータがあるので正確な数値でなくてごめんなさい)

カルシウムの中でも吸収率を考えると効率的なのは乳製品なんです。

カルシウムが豊富に含まれるからと言って、

「たくさん摂取=たくさん吸収」ではないんですね。



       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

          カルシウムたっぷりコーンクリームコロッケ





   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 2人分

・コーンホール(缶) 40g
・玉ねぎ 40g
・バター 15g
・薄力粉 大さじ1
A:牛乳 50cc
A:コーンクリーム(缶) 100g
A:スキムミルク 大さじ2
~衣~
・薄力粉 大さじ1/2
B:卵 1/2個分
B:薄力粉 大さじ1/2
・パン粉(細目) 適量
 
・揚げ油 適量
 


・コーンホールは水気を切る
・玉ねぎはみじん切り
・Aはあわせる
・Bはあわせる
 





 
フライパンにバターを入れ弱~中火で加熱。バターが溶けたら玉ねぎを加え、
      しんなりとするまで炒める。
     薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで粉気が無くなるまで混ぜ、さらに3分炒める。

     玉ねぎを炒めた所に粉を入れる事で、粉が玉ねぎにまんべんなく付き、
                          液体を入れた時にダマになりにくくなります


Aを1/2量加え、ゴムベラで絶えず混ぜながら加熱。沸騰したら残り全てを加え、
沸騰してしっかりととろみがついたら、ホールコーンを加え混ぜる。
→バットに移し、粗熱を取る。ラップをして冷蔵庫で冷やし固める(1時間~)

手にサラダ油少々(分量外)を塗り、4等分にして俵型に成型する。

     バットに入れる時に、あらかじめ4等分にしやすい大きさにして冷ましておくと、
                          ゴムベラで4等分にして(手で形を整えずに)そのまま衣付けをする事が出来ます

 薄力粉→B→パン粉→B→パン粉の順に衣を付ける

     卵・パン粉を2度付けする事で衣がしっかりと付き、揚げた時に破裂しにくなります。

    卵は2度付けするので薄めに付けましょう。4個ぴったりの量なので、たっぷり付けると
                            足りなるので注意!

 170~180度の揚げ油できつね色に揚げる。
 



何度かコーンクリームと牛乳の割合を変えて作ってみたんですが、

この配合がミルク感とコーンの甘みが美味しかったです(^ω^)♪

小さめに作ってお弁当にもぴったり!!!

ソースをかけても美味しいですが、

何も付けずに、コーンの甘味を味わってみて下さい(●´ω`●)