中華の家庭料理の定番でもある「マーボー豆腐

旦那さんに「何食べたい?」って聞くと、かなりの確立でリクエストされます。

我が家は豆板醤と花椒(ホワジャオ)でピリピリ辛め~

そんな我が家のマーボー豆腐のレシピを公開(*・ω・)(・ω・*)

※辛さは調整できます

ごはんにかけていただきます
 

我が家ではマーボー豆腐は絹ごし豆腐が多いのですが、

今回は木綿豆腐で作りました(・ω・)v

豆腐が崩れにくいという理由もありますが・・・

なんと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

絹ごし豆腐に比べ、木綿豆腐の方がカルシウムが多く含まれているのです。
(豆腐に含まれる水分量が異なるからだそうです)

木綿豆腐で作るのが今回の歯に良いポイントです(*・ω・)(・ω・*)
 


今回の豆知識・・・

豆腐について。

カルシウムは吸収されにくいので、吸収を助けてくれる栄養素と一緒に摂取するのがポイント。

豆腐にはカルシウムとともに良質なたんぱく質を含んでいます。

「たんぱく質(コラーゲン)」は歯の土台となり、カルシウムと共に基礎を作ってくれます。

豆腐はカルシウムと良質なたんぱく質だけでなく、大豆イソフラボンを含む女性には特に嬉しい

食材でもあります。(大豆イソフラボンの嬉しい効果はこちらから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

           四川風マーボー豆腐丼





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 2人分
・豚挽き肉 100g
・木綿豆腐 1丁(300g)
・長ねぎ 1/2本
A:にんにく 1/2片
A:豆板醤・豆鼓醤 各小さじ1
A:甜面醤 大さじ1
B:水 150cc
B:鶏がらスープの素 小さじ1/2
C:酒 大さじ1/2
C:しょうゆ 大さじ1
D:片栗粉 小さじ2
D:水 小さじ4
・サラダ油 大さじ2
 
・花椒(ホワジャオ) 小さじ1/2
・ごはん 茶碗2杯分
 
  辛さは豆板醤で調節してください。辛いのがお好みの場合は小さじ2程度。
          辛いのが苦手な方は減らしてお好みの辛さにして下さい。
  挽き肉は牛・合挽きでもOKです

 

・豆腐は1.5cm角に切る
→耐熱ボウルに入れ、電子レンジ(600w)で2分加熱。ザルに取り、水気を切る。
・長ねぎはみじん切り
・にんにくは芽を除き、みじん切り
・Dはあわせる。
・山椒はめん棒で軽く潰す

 

     フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、挽き肉を加え炒める。
肉の色が変わり脂が透明になったら、Aを加えて全体にからむまでしっかりと炒める。

     B・豆腐を加える。沸騰後、Cを加えて1分30秒程煮込む。

     加える直前に再度良く混ぜたDを鍋をゆすりながら加え、とろみをつける。
長ねぎを加え、サラダ油を大さじ1加え、20秒加熱。グツグツしてる状態で火を止める。

  鍋をゆすりながら水溶き片栗粉を加えるのが難しい場合は、
          火加減を弱火におとし、液体がある所数箇所に加え混ぜてとろみをつけて下さい

     器にごはん・③盛り、花椒をちらす。
 
 
 
我が家では、マーボー豆腐は1ヶ月に数回出るほど人気メニューなのですが、

旦那さんからのリクエストのほかに理由がもう1つ。。。

実は・・・

「家にある材料で手早く出来るので急ぐ時に助かるから」

これが本当の理由かもしれません;´▽`A``
 
私は挽き肉は使いやすい量ごとにラップに包んで冷凍。

長ねぎもみじん切りにして冷凍しておきます。

にんにくはあった方がいいですが、なくても大丈夫です(・ω・)v

あとは豆腐と調味料があればすぐにできちゃいます!!!

挽き肉の種類は何でもOK!豆腐も木綿でも絹ごしでもOK

これなら、お急ぎの時にパッっと作りやすいです(・ω・)v