今回はだし巻き卵をカルシウム豊富にして歯ppyなだし巻き卵にしました!!

ちりめんじゃこ・プロセスチーズ・ごまにはカルシウムが豊富に含まれています。

さらに「ごま」にはカルシウムの吸収率を高めてくれるマグネシウムも。
 
「じゃことチーズって合う?」って思うかもしれませんが、

これが意外と合うのですヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ

ピザの具材とかにもオススメな組み合わせ
 
今回はじゃこ・チーズに塩分がしっかりあるので、味付けにしょうゆ・塩は入れません

ここも歯pppyポイントです!!!
 


今回の豆知識・・・

カルシウムを摂取するのを意識して、チーズ・ちりめんじゃこなど塩分の多い

食材を取り過ぎてしまわないように注意しましょう。

過剰な「塩分」はカルシウムの吸収や沈着を防いでしまいます。

今回は、ちりめんじゃこ・チーズを使いますが、材料に含まれる塩分を考えて

味付けをしています。塩分の多い食材を使う時にはそれを上手く利用して

味付けすると、美味しく&体にも優しい◎メニューになりますよ(^^)
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

         じゃこねぎチーズのだし巻き卵





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  2人分

・卵 3個
・ちりめんじゃこ 大さじ2
・プロセスチーズ 20g
・青ねぎ 1本
・白炒りごま 大さじ1
A:だし汁 60cc
A:みりん 大さじ1/2
A:酒 小さじ1
・サラダ油 適量
 
     だし汁は湯60ccに和風顆粒だしの素小さじ1/3を加え混ぜ溶かし、
                           冷ました物でもOK

     じゃこ・チーズの塩分があるので、塩は入れなくてOK
 

 

・プロセスチーズは5mmの角切り
・青ねぎは小口切り
・Aはあわせる
 

 

    ボウルに卵を割りほぐし、Aを加え混ぜ合わせる(卵液)。
ちりめんじゃこ・チーズ・青ねぎ・白ごまを合わせる(具材)
 
    卵焼き用フライパンを中火で良く熱し、サラダ油少々を加えてなじませる。
卵液の付いた菜箸で線を書いた時に「ジュッ」とすぐ固まればOK。
余分な油をクッキングペーパーで拭き、卵液の1/3量をいっきに流し入れる。
卵が膨らんできたら全体を軽く混ぜ、具を1/3量ちらす。
半熟の状態で奥から手前に折りたたむように巻く。

    卵を奥に移動させ、クッキングペーパーで油を薄く塗る。
残りの卵液の1/3量を流し入れて全体に広げ、先に巻いた卵を菜箸で持ち
上げるようにして卵液を流し入れる。残りの具の1/2量をちらし、半熟状態
になったら奥から手前に巻く。

 卵液と具材を混ぜしまって焼いても良いのですが、チーズが
        溶け出るのを防ぐため、今回は混ぜずに使用しています


    ③と同様にしてもう1回焼き、最後は具を入れずに同様に焼く。
食べやすい大きさに切って皿に盛る。

       形が気になる(いびつになってしまった)場合は焼いた後、
           温かいうちに巻きすで包み形を整えればOK
 
 
 


焼きたてほやほやは、チーズがとろん♪

冷めても美味しいのでお弁当にもGOOD♪

ぜひ、焼きたてと冷めたの両方味わって欲しいです(^ω^)
 
今回は青ねぎを使用しましたが、大葉の千切りもオススメ!!

大葉の香りがじゃことチーズと合うんです。

ぜひ試してみて下さい(^ω^)v