今回は持ち寄り会やホームパーティー・お弁当にもぴったりな

見た目にも華やかな裏巻き寿司をご紹介します(^^)

酢飯にとびこを混ぜ、最後の白ごまをなしにすれば、

ひな祭りにもぴったりの巻き寿司に!!!
 
下味を漬けた牛肉をピリ辛に煮からめ、クリームチーズ・サニーレタスと一緒に酢飯で巻きます。

ごはんが外側に来るように裏巻きにし、白ごまをたっぷりまぶします。

カルシウムの豊富なレタス・クリームチーズ・海苔とマグネシウムが含まれる「ごま」をたっぷり使った

裏巻き寿司です。
 
 
今回の豆知識・・・

カルシウムは吸収されにくく、特に乳製品に比べて、魚介類・野菜類は吸収率が低めです。

カルシウムは吸収を助けてくれる栄養素と摂取するのがポイント!

いくつかある栄養素の中で今回は「マグネシウム」を紹介。

マグネシウムは体内では60%が骨に存在します。骨の中でコラーゲンの素になり、骨の

弾力につながります。

ごまに多く含まれるマグネシウムが、カルシウムの吸収率を高めてくれます。
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

         ピリ辛牛肉のごまごま裏巻き寿司





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 2人分

・酢飯 240g
・焼き海苔 1枚
・牛小間切れ肉 90g
・サニーレタス 小2枚(大なら1枚)
・クリームチーズ 30g
A:しょうゆ・酒・砂糖・みりん 各大さじ1
A:白すりごま 大さじ1/2
A:豆板醤・ごま油 小さじ1/4
A:おろしにんにく 小さじ1/8
A:塩・白こしょう 各少々
・白炒りごま 大さじ4~5
 



・海苔は端を2cm切って長さを少し短くする
・ボウルにAをあわせ、牛肉を漬け込む(5分)
・クリームチーズは1cm角の棒状にする
 



    フライパンに牛肉を漬け汁ごと入れ、中火で加熱。汁気がなくなるまで煮からめる。
皿に移して冷ます。

    巻きすの上にラップを敷き、海苔をのせる。酢飯を海苔の大きさまで広げ、
奥側だけ1cmはみだすように広げる。ラップをかぶせて裏返し、ラップを上面のはずす

 1cmはみ出すことで、その部分が巻いた時に糊の役割になります

    手前からサニーレタス・牛肉・クリームチーズを並べ、巻きすを使っていっきに巻く。
巻きすを使って形を整え、形が落ち着くまで休ませる(10分)。

    ラップをはずし、白ごまをまぶす。

    再度ラップを巻き、包丁で6等分に切る。ラップを外し、皿に盛る。

 ラップを巻いたまま切る事で崩れにくくなります

 包丁の切れ味が悪いとラップごときれなくて押しつぶされてしまいます。
        包丁はしっかり研いだ物を使う事。
        包丁は1回ずつ塗らしたペーパーで拭く事で、きれいに切る事が出来ます。
 

 
裏巻き寿司は「難しそう」と言われがちですが、実は簡単!!!

ごはんの間に海苔があればとっても巻きやすいんですよ(^^)v

見た目が華やかな裏巻き寿司。ぜひチャレンジしてみて下さい。